健康 生活

寒暖差アレルギーとはなに、その対策は?

スポンサードリンク

風邪でも花粉症でもないのに、
なぜかくしゃみと鼻水が止まらない....。

そのような症状に悩んでいる人は
いないでしょうか?

もしかしたらそれは
「寒暖差アレルギー」かもしれません。

そこで今回は、
寒暖差アレルギーとはなにか、

それにどのような対策があるのかについて
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

寒暖差アレルギーとはなに、その対策は?

寒暖差アレルギーは朝晩と昼間の
気温差が大きくなる
この時期に多いとされています。

また、寒暖差アレルギーは通称であり、
医学的には「血管運動性鼻炎」と呼びます。

鼻炎の一種で、
実際はアレルギーとは関係ありません。

寒暖差によって自律神経が乱れることで、
鼻粘膜の血管の収縮がうまくいかなくなり、
くしゃみや鼻水の症状が出ます。

7時間以上の温度差で
起こりやすくなると言われ、

夏場に暑い屋外から
涼しい室内に入ったり、

冬場に暖かい布団から
出たりした時になることもあります。

風邪に似た症状ですが、
発熱の有無や鼻水の状態で区別できます。

風邪の鼻水は黄色く
ドロッとしていますが、

寒暖差アレルギーは
透明でさらっとしています。

花粉やダニ、ハウスダストなどが
原因となるアレルギー性鼻炎と違い、
目のかゆみや充血はありません。

有効な対策は、
寒暖差を感じにくくすることです。

肌寒さを感じた時に、
こまめに上着を羽織ったり、
膝掛けを使ったりすると良いですね。

筋肉量の少ない高齢者や
女性や体内で熱を作りにくく、
症状が出やすくなっています。

体温は首や手首、
足首から奪われやすく、

ストールや靴下なども
うまく活用しましょう。

自律神経のバランスを
保つことも大切です。

規則正しい生活や
偏りのない食事、

ストレスをため込まないことを
心がけてください。

寒暖差アレルギーを防ぐだけでなく、
日々の健康維持にもつながります。

●寒暖差アレルギーの対策
・首や手首、足首を冷やさない
・バランスの良い食事を取る
・規則正しい生活を送る
・睡眠をしっかり取る
・ストレスをためない

まとめ

いかがだったでしょうか?

アレルギー症状は一時的で
多くは自然に治まりますが、

1週間たっても症状が続く場合は
他の疾患の可能性もあるので、
お近くの病院を受診してくださいね。

関連記事:寒暖差アレルギーの治し方は?体調不良の秋を乗り切るファッションや 暖房
     寒暖差の体温調節や体調不良の対策は重ね着やカイロが効果的!?


スポンサードリンク

-健康, 生活
-,