生活 行事

五月人形が壊れたら修理はどうする?ガラスケースや兜・提灯は?

2017/02/01

スポンサードリンク

こどもの日の五月人形は
邪気を祓い、健康や成長、
安全を願って飾るものですが

代々受け継がれていたり
経年による劣化によって

人形の一部や衣装、
お飾りが壊れてしまっている場合には
どうすればよいのでしょうか?

破損がわずかであった時には
気にせずに飾っていても、

やはり時を重ねるとともに
その破損が目立つようになってきますよね。

そこで今回は五月人形が
壊れて修理しようとした場合は

どのようにすればよいのかお伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

五月人形が壊れたら修理はどうする?

五月人形のような日本人形って
普段の生活ではあまり馴染みが薄いため

修理を行ってくれるところがあるのだろうか?

と疑問に思ってしまいますが、

重い物の下敷きになったりなどして
バラバラになっていない限りは
修理できる可能性がありますので
順番にお伝えします。

●購入した販売店に問い合わせる
人形や装飾が変化したり
壊れたりなど気になる場合には

まず、購入されたお店に
問い合わせてみてください。

販売だけをしているようなところは
あまり期待できませんが、

日本人形を専門的に
販売しているところであれば

ある程度相談にのってくれる
ところがほとんどです。

また、アフターサービスが
しっかりしている販売店では専用の

窓口が設けられていることもあるので
気軽にご相談してみてください。

昔からある人形のため
購入したお店が分からない、

あるいは販売店で
対応してもらえなかった場合には
次の手段に移ります。

●修理業者を探す
購入したお店が分からない場合でも、
専門の販売店によっては
修理業者を紹介してもらえる場合があります。

お近くに販売店や
専門の業者さんがいない場合には、

老舗のメーカーさんに
相談してみるのも手ですが

必ず返答されるとは限りませんので
そういう場合はご自分で探しましょう。

ネットで検索するポイントとしては
あまり遠く離れた場所では
人形を送るのも返してもらうのも大変なので

キーワードにはお住いの
都道府県をいれて入力します。

例えば「五月人形 修理 ○○」

この○○部分

東京にお住まいなら東京都、
大阪なら大阪府と入れることで

その地域で修理を請け負ってくれる
業者さんが出てくるはずです。

もし、ご自分の住んでいる地域で
良さそうな業者さんがでてこない場合には、

近隣の他府県を代わりに
入力してみてください
そうすれば必ず見つかります。

●修理費用の相場
修理費用がどれぐらいになるかは

どのような五月人形か?
どのような修理を行うのか?

によってかなりのばらつきがあります。

古い高級な五月人形だと
修理に使用する素材も
当然高くなりますし、

修理を行う箇所が多岐に渡れば
それだけ手もかかってしまいます。

そして、同じ修理でも
修理業者さんによっては
費用に違いがありますので

まずは、電話やメールで
相談したのち破損状態を伝えて
掛かるおおよその費用を聞いてみてください。

業者さんによっては
修理する人形を送る前に画像を送ることで
正確な見積もりをしてくれるところもあります。

そこまでの業者さんではなくても
まずは見積もりだけを取ってみてください。

それを数社から行ない、
それでもどの業者か判断に悩んだ場合には

なるべく修理歴が長く
実績が多そうなところを選びましょう。

見積もりの段階で詳しく聞いてこられたり
教えてくれたりするのは
親身になってくれている証拠なので

そういうところを
判断の材料にするのもいいですね。

次の章では五月人形を飾るのに欠かせない
ガラスケースの修理についてお伝えします。

五月人形のガラスケースの修理は?

ガラスケースは5月人形を飾るうえで
汚れやホコリを防いでくれたりして
とても便利ではありますが、

反面、割れたりした場合には
ガラスの破片でケガをさたりなど、

危険度が増すため早急に
修理か交換をしたいところですよね。

修理を希望する場合には
前の章でお伝えしたように、

購入されたお店か
アフターサービスがしっかりしている
販売店にお問い合わせしてみましょう。

そこで修理や交換をしてくれない場合には
やはり同じく老舗のメーカーに相談します。

それでも解決できないようでしたら
ネットの検索で探してみましょう。

この場合も人形の修理と同じく
お住まいになっている地域を

キーワードにいれると
手間も費用も少なく済みますので
まずは試してみてください。

ガラスケースの場合には
日本人形と違って扱う業者も多いので

ガラスの交換そのものは
比較的簡単にできることが多いのですが、

ケースそのものが壊れていた場合には
修理が困難な場合もあります。

その場合は見積もりの段階で
詳しく伝えるようにしてください。

それで、見積金額が高かったり
難しい場合には

新しくケースのみを
購入されるほうが費用が
安く済むことも多いので
ご検討されてくださいね。

次の章では人形以外の
修理についてお伝えします。

五月人形を修理する場合、兜や提灯は?

人形の修理については
今までお伝えしたように

比較的探しだすこともできるのですが、
それ以外の兜や飾りなどの装飾品については
元通りに修理することは困難になります。

なぜなら、素材の製法が変わっていたり
同じ素材が手にはいらないことが多いからです。

また、職人さんによっても作り方が違うため
元通りにはできないからと断られる場合も多いです。

ではどうすればよいのかというと、
単品のパーツであれば新品のものを
購入して交換してしまう方法があります。

弓や提灯などの小物であれば
バラ売りもされていますし、

同じものがなくても
良く似たものを選べば
それほど違和感もありません。

兜も部品の交換によって
元通りではありませんが

修理に近いことは可能ですので、
専門店に持ち込んで
ご相談されてみてはどうでしょうか?

まとめ

五月人形は年に数日しか
飾っておかないものなので、

いざ出した時に壊れていた場合も
しょうがなくそのままにしておいて

そのまま何年も経ってしまっている
という方も多いのではないでしょうか?

そんな方は今回の記事を参考に
一度修理をされてみてはどうでしょうか?

五月人形はわが子の
成長と健康を願うものですから

できれば綺麗な状態で
お祝いしたいものですね。

スポンサードリンク

-生活, 行事
-,