生活

住宅ローンや返済方法の種類は? 

スポンサードリンク

住宅を購入する際に多くの人が
利用するのが住宅ローンです。

銀行などの金融機関で様々な
ローン商品が販売されています。

そこで今回は、
住宅ローンや返済方法の種類について
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

住宅ローンや返済方法の種類は?

住宅ローンは、借り入れ時に契約した
金利が完済まで変わらない「固定型」と、

市場金利の動向に合わせて、
適用金利が変化する「変動型」があります。

固定型では、金利が変化しないため、
完済までの月々の返済金額が、
契約時に確定します。

このため長期にわたって
返済計画をたてやすいという
メリットがあります。

しかし市場金利低い
最近の市場環境のなかでは、

金利が「変動型」と比べて
高めとなる場合も多いです。

ただ何らかの理由で市場金利が
上昇した場合でも、

借り入れ時の金利が保たれる点が
大きなメリットと言えます。

変動型は、その名の通り
市場に合わせて変動します。

通常、経済情勢などに応じて、
半年ごとに金利が見直されます。

現在は変動がの金利が非常に低く、
固定型と比べ返済額が
少ないことが多いですが、

変動型には金利上昇リスクがあります。

返済方法には「元利均等」と
「元金均等」の2タイプがあります。

元利均等返済は元金分と利息分を合わせた
毎月の返済額を一定に保つ方法です。

一方で元金均等返済は毎月同じ額の元金に、
利息を加えた額を返済する方法です。

最初は返済月額が多くなりますが、
返済期間が同じ場合は、

元利均等返済と比べて
支払い総額が少なくて済みます。

借り入れ後の一定期間を固定金利として、
その後変動型に変更できる
「固定金利期間選択型」もあります。

スポンサードリンク

全期間固定とする場合と比べて、
低い金利で初期の返済ができることが多いです。

固定期間が終了すると、
その時点の市場金利の状況に応じて、

変動金利か固定金利かの選択が
できる場合もあります。

ローンを利用中に資金的な
余裕がある場合は、

毎月の決まった返済額に追加して、
借金を返済する「繰り上げ返済」も可能です。

これにより返済分だけ
元金を減らすことができます。

減らした分「利息」も返済が不要となるため、

ローン利用開始時に想定していた
返済総額を減らせる効果が見込まれます。

●住宅ローンの種類
固定金利
・金利上昇少リスクがなく一定
・借り入れ時に返済総額が確定

変動金利
・市場金利が低い時は
 返済負担が小さい
・返済総額が

返済方法の違い
元利均等返済:毎月の返済額が一定。
       借り入れ当初の負担少
元金均等返済:返済月額が徐々に減少。
       総返済額は少

まとめ

いかがだったでしょうか?

長期にわたって返済負担があるため、
金利や返済負担があるため、

金利や返済方式などを見極めて、
自分のライフプランに合わせて
選択してくださいね。

  

関連記事:消費税の引き上げによる住宅ローン減税の延長と拡充で支払いはどう変わる?
     コロナで住宅ローンの返済が滞る不安を抱えたら?猶予は可能?



-生活
-