イベント 行事

ホワイトデーのお返しを職場でまとめてもいい?金額や相場は幾ら?

バレンタインでチョコレートや
お菓子をもらえるのは
たとえ義理とはいえ、
結構うれしいものですが

それが職場でとなるとホワイトデーに
どんなものをお返しすればよいのか
悩んでしまいますよね。

下手なものやおかしなものを渡してしまうと
その後の職場の人間関係にも
悪影響を与えてしまうと思うと

なにをすればよいのか
非常に迷っていることでしょう。

そこで今回は、

ホワイトデーのお返しを
職場でまとめてもよいのかどうか?

その金額はいくらぐらいが適当か?

どのようなものをお返しするのが相場か?

についてお伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

ホワイトデーのお返しを職場でまとめてもいい?その方法は?

ホワイトデーのお返しを
まとめて行ってもよいのかどうかについては
職場雰囲気や女性の人数によって変わってきます。

女性の人数が少ない3~5人の場合は
なるべく個別に渡すののがベストといえます。

確かに自分がもらったときには
まとめて配ったられた場合は
相手もあまりお返しを期待していませんが、

だからこそ、ホワイトデーで
個別にお返しが贈られた時には
相手の喜びも倍増するのです。

ですから渡す人数が少ない場合には
例え同じものを配るとしてもまとめて渡すのではなく、
個別に用意して一人ひとり手渡していきましょう。

次にもし、職場の女性の人数が多かったり
人数が少なくても
あまり打ち解けた雰囲気がないのでしたら
まとめて渡すのも間違いではありません。

ですが、その際に注意することがいくつかあるので
ぜひご参考にしてください。

●職場で一番立場の上の人に渡す

これはどのようなものを渡す場合でも
真っ先に気をつけなくてはなりません。

女性というのは男性が思っているよりも
立場や序列を気にしていますので、

立場や高感度の低い人に渡してしまうと
上の立場の人を気分を害するだけでなく

かえってあなたの印象が悪くなってしまいますので
この点には細心の注意を払いましょう。

そして、その一番立場が上の女性に渡す時には
ただ単に

「皆さんで分けてください」

というだけではなく

「皆さんからいただいたチョコ、嬉しかったです」
「これからもよろしくお願いします」

など感謝の言葉やお礼を一言添えて
渡すようにしましょう。

なぜならそういう感謝の言葉がないと、
いかにも

『ホワイトデーなので形式上用意した』

という感じが滲み出てしまって

せっかく渡しているのに
お返しする意味がなくなってしまいます。

ですから、まとめて渡す場合でも
感謝の言葉は必ず言うようにしてくださいね。

●個別のメッセージカードをつける

これをすることによって
まとめてお返ししても
手抜きをしているという印象を
取り除くことができます。

このメッセージについては
あまりしっかりした長文ではなく、

簡単な

「◯◯さん、いつもありがとう!」

程度のものでOKです。
それだけでも相手に良い印象を残すことができます。

●個別包装になっているものを選ぶ

お返しをまとめるためには
当然同じものを渡すことになるわけですが、

渡されたものをその場で
皆で分けるというのは不便極まります。

どのようなものを渡す場合にも、
人によってそれぞれの都合がありますし

もしもそれが食べ物であった場合には、
その場で一度に食べてしまわなくてはなりませんので
マナーとして最低限このことは頭に入れておきましょう。

その際は用意するものの数も
女性の人数より、必ず同じか
少し上回るぐらいなくてはいけません。

まとめて渡したけど全員に行き渡らなかったでは、
むしろ皆のからの印象が悪くなってしまいますから。

次の章ではお返しするものの金額は
どれぐらいが適当かについてお伝えします。

スポンサードリンク

ホワイトデーのお返しを職場で行う場合の金額は?

ホワイトデーの職場のお返しで悩むのがその金額ですが、
まとめて渡す場合には1000円程度でかまいません。

なぜならあなたが渡されたものが
300円~500円だと推測されるからです。

基本的にはバレンタインでもらったものより
少し高めのものをお返しをすると間違いありません。

それでも迷われたらもらったものの金額の
2倍にしておくのが無難です。

これをお読みの方の中には
職場で配られるように渡されたものなのに
それよりも高いものでお返しをすることに
釈然としない方もいらっしゃるかもしれませんが、

あげたものよりも同じか安いもので返すと
器の小さいケチな男だと思われる可能性もありますので、

職場の雰囲気を良く保つための
必要なコストとしてここは割り切りましょう。

だからといって、それとは逆に
張り切ってより高価なものを
渡すのも実はよくありません。

相手はイベントや行事を楽しむつもりで
軽い気持ちで渡したのに
高額に物で返されてしまうと「重く」感じて
かえってどう接したら良いのか
相手を戸惑わせてしまうからです。

なので、相手にとっても負担にならない
1000円から、高くても2000円までの
金額でお返しするようにしましょう。

では、実際どのようなものを
お返しすればよいのか次の章でお伝えします。

ホワイトデーのお返しを職場でする場合の相場としてはどんな物がいい?

これからどのようなものを
お返しすればよいのかお伝えするわけですが、

その前に注意する点があるので
先にお伝えしておきます。

●個包装されていない
これについては最初の章でもお伝えしましたが、
まとめてお返しするものを皆で分けるのですから
個包装されていなければ分けにくく、
逆に迷惑になってしまいます。

●ずっと残ってしまうもの

小物やアクセなどちょっとしたものでも
形として残ってしまうと

相手の好みに合わない場合は
かえって邪魔になって処分にも困ってしまいますので、
なるべく形の残らず処分に困らないものか最適です。

●ラッピングされていない
きちんとラッピングされていないと
いかにも間に合わせで買ってきたものと
思われてしまいますので、

せっかく準備してお返しするのですから、
購入時にはちゃんとラッピングも凝ったものを
お願いしておきましょう。

●賞味期限が短い
食べ物をお返しする場合、
あまり賞味期限が短いものを贈ると

渡されたその日に
食べてしまわなければならなくなりますので

皆の都合を考えるのであれば
食べ物のを贈るのであれば
生菓子のたぐいは避けましょう。

では、これらを踏まえて
どのようなものをお返しするのが最適かというと

焼き菓子です。

値段も一つ100円程度からありますし、
個包装もされていますので皆で分け合うのにも適しています。

また、賞味期限も常温で
一週間以上はありますので
その日の内に食べてしまわなくてかまいません。

定番のクッキーやサブレはもちろんのこと、
マカロンやダックワーズなら

有名店や高級店ならそれなりのお値段もしますので
喜ばれること間違いありません。

また、これなら昼食のあとや休憩時間につまめるので
いつまでも残って処分に困るということもありませんので
迷ったり悩んだりした場合には

これを強くお勧めいたします!

まとめ

バレンタインにチョコをもらえるのは嬉しいのですが
ホワイトデーにそれを返すとなると
それも悩ましいですよね。

ですが、お返ししないのも悪いし
職場の印象が悪くなってしまわないか心配...。

そんな時には予算が許すのであれば
是非今回の記事をご参考にお返しを検討されてくださいね。

関連記事:ホワイトデーのお返しはする?しない?義理の場合は?忘れたら?

スポンサードリンク

-イベント, 行事
-,