ショッピング 生活

傘の撥水を復活させるドライヤーとアイロンの方法 撥水性を戻すには?

2017/03/20

傘は梅雨の季節や長雨の時期に
お世話になりますが、長年使い続けて気がつくと
全然雨を弾いてくれなくなったという経験はないでしょうか?

おろしたての頃は雨の水滴が
まん丸になるほど弾いていたのに

今では傘がただ雨を遮るだけの道具に
なってしまっているなんてことあったりしますよね?

そこで今回は傘の撥水を復活させる
ドライヤーとアイロンの方法についてと

それさえ使わずに撥水性を復活させる
最も簡単な方法をお伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

傘の撥水を復活させるドライヤーの使い方

最初にお断りしておきますが、
これはドライヤーの熱で摩擦によって倒れている
ふっ素樹脂を復活させる方法であるため、

ビニールのように素材そのもので
水を弾いている場合は効果がないのでお気をつけください。

それどころかビニールだとドライヤーの熱によって
痛んだり溶けたりする恐れもありますので
くれぐれも試さないようにしてくださいね。

それではそれ以外の生地での方法をお伝えします。

とはいってもやることはとっても簡単です。

傘を広げて10~20センチ離れた距離から
ドライヤーを温風で傘の駒と呼ばれる
一辺ずつ万遍なくゆっくりとあててください。

目安は30秒程度で、あまり長時間あてすぎると
生地が痛むのでほどほどにしてくださいね。

この時に傘を水で濡らした後
ドライヤーで乾かすようにして行う方法もありますが、

傘が汚れていた場合はシミになる恐れもありますし
急激に乾燥させると生地も痛む可能性もありますので、

始めてこの方法をたお試しになる場合は
まずは乾いた状態でされることをお勧めします。

傘の撥水を復活させるアイロンのかけ方

ドライヤーではいまいち頼りない感じがするという方は
こちらのアイロンで復活させる方法をお伝えします。

ただし、当然のことながらアイロンを直接かけるのは

ドライヤーよりも生地表面の温度が高くなりますので
十分に注意してくださいね。

まず、アイロンの温度を
化学繊維で使用しても問題のない温度に温めます。

アイロンによっては
設定によってできるのでそこにセットしましょう。

次に傘を広げた状態で
やはり一駒(一辺)ずつ丁寧にかけていきます。

かけ方に自体は特に変わったことをする必要はなく

衣服のシワを伸ばすのと同じ要領で行っていただければ結構です。

隅々までかけ終わったら
しばらく広げた状態で冷まして置きましょう。
これで撥水は復活しているはずです。

気をつけなければいけないところとしては、
やはり濡れていたり汚れたりしている場合は
シミになってしまいますし

古い傘であれば色落ちしたり、
アイロンが使えない生地の場合もある
ので
隅の方で可能かどうか確認されてから行ってくださいね。

スポンサードリンク

傘の撥水性を戻す最も簡単な方法とは?

ここまでご紹介してきた方法は
それに用いる道具こそ違いますが
いずれも熱によってフッ素樹脂を復活させるやり方です。

どういうことかというと、
新品のものはフッ素樹脂の繊維を
立たせて撥水しているのですが、

長年雨水やホコリ、汚れなどにさらされると
倒れた状態になって撥水性が低下してしまいます。

それを熱が加わることで
元に戻るというフッ素樹脂の性質を利用して
ドライヤーやアイロンを用いているというわけなんですね。

ただ、この方法は熱を加えるために
どうしても生地を痛めたり、
シミを作ってしまうのではないかという不安もありますよね?

そういう場合はどうすればよいのかというと、

防水スプレーを使いましょう!

これは傘をから

20センチから30センチ離した場所から吹きかけるだけ

撥水性が元に戻りますので

非常に簡単です!

注意する点もスプレーの成分を
吸い込んでしまわないよう換気のできる場所や

屋外で使用することだけなので
傘に対するダメージを心配する必要がありません。

したがって、ドライヤーやアイロンの使用が
気がかりだという方にお勧めいたします。

まとめ

撥水性が落ちたまま傘を使用し続けると
骨組みがサビる可能性が高まるばかりか、

乾きづらさから雑菌が繁殖して
臭いが発生する原因にもなってしまいます。

ですから、水に濡れやすくなっているだけだと
軽く考えてしまわず日頃から撥水効果にも
目を向けてくださいね。

関連記事:傘の手入れで防水や撥水を戻すには?ポリエステルの手入れと汚れは?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レインガード 大 180ml[ライオン レインガード 防水スプレー]
価格:820円(税込、送料別) (2017/3/14時点)

スポンサードリンク

-ショッピング, 生活
-,