ショッピング 生活

レインコートの撥水を復活させるドライヤーのかけ方、防水加工の方法やクリーニングは?

みなさんは雨の日には傘をさして
移動なさると思いますが、

傘をさせない移動手段やレジャーなどを
助けてくれるのがレインコートやウェアですよね。

ですが、長年使っていると
最初は雨水を弾いていた撥水力が徐々に落ちてきて

今ではあまり効果を発揮しなくなってしまった
ということってありませんか?

そこで今回はレインコートの撥水性や
防水性を復活させる方法についてお伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

レインコートの撥水を復活させるドライヤーのかけ方は?

手っ取り早くレインコートの撥水力を復活させるには
ドライヤーを使用するだけで大丈夫です。

ただし、レインコートやレインウェアの中には
熱に弱い素材のものもあるので

必ず洗濯表示にアイロン使用が
可になっているものに使ってくださいね。

かけ方はいたって簡単です。

撥水力が落ちてきたところや
防水力を取り戻してほしい箇所に当てるだけ

その効果を取り戻すことができます。

では、なぜドライヤーを当てると
撥水力が復活するのでしょうか?

そもそも撥水や防水をほどこす方法は色々とあるのですが、

衣類に行われている一般的な撥水加工は
フッ素系であることがほとんどです。

このフッ素加工がどういうものかというと

表面張力が極めて低いパーフロロアルキル基
という物質で覆うことをいい、

これは簡単にいうと樹脂で
微細な凹凸をつくることによって
水分を弾いて浸透させないため加工方法です。

購入した当初はこの凹凸はキレイに立っているのですが

何度も使用していると衣類の着用や擦れなどで乱れたりして
倒れたままになってしまうため
撥水効果が落ちてしまいます。

ここにドライヤーなどで熱を加えることによって
またキレイに整列するため
再び撥水効果が復活するのです。

では、ドライヤーやアイロンで熱を加えても
撥水力が戻らなかった場合にはどうすればよいのでしょうか?
その答えは次の章でお伝えします。

レインコートの撥水や防水加工を復活させる方法やクリーニングは?

撥水力が低下したまま戻らない理由としては

生地に汚れが付着したため
表面のフッ素加工が詰まっている場合が考えられます。

これは汚れを取り除くことで
元の撥水力が取り戻せる可能性がありますので
一度ちゃんと洗濯なさるとよいでしょう。

それでも撥水力が戻らない場合は
表面の撥水剤が取れてしまっているので
専用の撥水剤を塗布して補う必要があります。

撥水スプレーの使い方はレインコートをキレイに洗って乾かしたら
色落ちやムラを防ぐため目立たない部分に

あらかじめ噴きつけて堪忍をした後、

風通しの良い屋外で15センチから20センチ離れた距離から
万遍なくスプレーすればOKです。

注意点としては、密閉された屋内で行うと
目や肌に触れやすくなって刺激したり、

吸い込むと呼吸ができなくなる可能性があるため
屋内での使用はくれぐれも控えてください。

また、ポイントとしては一度だけではなく乾かしてから
二度三度と繰り返し行うとさらに効果が持続します。

わざわざ撥水スプレーを購入してまで作業を行うのが面倒な場合は、
ドロップルーフというアウトドアで使用する
レインウェアやテントなどを専門にクリーニングして
撥水力を回復してくれるサービスを利用されるのもよいでしょう。

レインウェア上下で3500円とややお高めですが、
撥水性が長時間持続し新品以上の効果が発揮できると考えればお安いかもしれません。

ドロップルーフ

スポンサードリンク

まとめ

雨の日に出かけたり、移動するのはなかなか億劫ですが
雨を玉のように弾くレインコートを着ればそれも楽しくなりますよね。

もし、あなたに長く愛用しているレインコートや
ウェアがあるけど最近水を弾かなくなってきたと感じた時には
関連記事:レインコートの洗い方は?洗濯機では壊れる?撥水効果を保つ方法は?

スポンサードリンク

-ショッピング, 生活
-,