ショッピング 生活

犬の暖房の設定温度は何度?つけっぱなしにした方がいい?冬に寝るときは?

愛犬と初めて冬を迎える時に、
知りたくなるのがその暖房の設定温度ですよね?

犬の健康を考えるのであれば、
できるだけ暖かくして

過ごしやすくしてあげたいのが
飼い主の心ですが、

犬種によっては暖房が高すぎると
かえって過ごしにくくなってしまう
可能性だってあります。

そこで今回は、犬のための暖房の温度についてと
つけっぱなしにしてもよいのかどうか?

そして冬に寝るときには
どうすれば良いのかについて
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

犬の暖房の設定温度は?

犬の暖房について一般的に快適な温度は

18度~22度とされています。

ただしこれも、犬種以外に
大型犬か小型犬かによっても微妙に違ってきます。

世間的には犬は冬でも散歩をねだるほど
寒さに強い動物だという認識がありますが、

子犬の時や痩せている犬、
あるいは年老いた犬の場合は

体温を調節する機能が低下しているため、
寒さに対する抵抗は高くありません。

そのため、ご自分の愛犬にとって
ベストの設定温度が知りたい場合には、

一度エアコンを付けて、
設定温度を20度にして
様子を見てあげてください。

その時に小刻みに震えたり、
体を丸めてじっとしていたら

それでは低いということですので、
エアコンの温度を上げてください。

ですがあまりエアコンによって
温度を上げすぎると、

今度をは部屋が乾燥して、
犬の鼻が乾いたり、呼吸器官や皮膚の
病気になってしまう恐れがありますので

湿度の方にも気を配って
湿度を50~60%
維持しておくようにしまょう。

そのためにはタオルなどを部屋干ししたり、
加湿器を使うのがおすすめです。

スポンサードリンク

犬の暖房はつけっぱなしにした方がいい?

犬のための暖房で気になるのが、
暖房をつけたままにしたほうが
良いのかどうかですが、

これも犬種やなにより、
地域によっても違うので
必ずしも一概に言えませんが、

中型以上の体の大きな犬や
体に生えている被毛が
上毛と下毛の2層構造になっている

ダブルコートと呼ばれているような
毛の特性をもった犬種であれば
常に暖房をつけておく必要はありません。

これらの犬種は寒い国や地域原産なので
寒さにも強く人間が普通に過ごせる
温度であれば問題はありません。

ですが、先程もお伝えしたように
子犬や小型犬、痩せた犬や老いた犬は
寒さに強くないため、

一緒にいない時や家を留守にする間も
暖房をつけてあげるか、

犬の寝床に湯たんぽや
毛布などをかけて
なるべく寒くならないよう
気を配ってあげましょう。

もし暖房を、つけっぱなしにしておくのが
不安な場合には、

湿度が適切に保てるよう
加湿器だけはつけてあげてください。

そうすることで、
エアコンで上がった室温を
下げにくくしてくれますし、

部屋の乾燥も防ぐことができますので
おすすめですよ!

犬が冬に寝るときはどうする?

犬が冬に寝るときの寒さ対策としては、
どのような場所で寝るのか
一概にはいえませんのでなかなか困るのですが、

ケージなど決まった場所で
眠っている場合には、

ケージの床を厚手の毛布で敷いたり
断熱カーペートやペット用のヒーター
使用されると良いでしょう。

また、ケージが大きくない場合には
毛布やバスタオルなどで覆って

ゲージ内に熱がこもるようにすると
寝ている間に寒さを感じにくくなります。

あとはやはり、
ペット用の湯たんぽを用意して

火傷をしないよう周りをしっかりと
覆ってあげると良いですよ。

まとめ

いかがだったでしょうか?

愛犬にはできるだけ冬に
寒い思いをしてほしくありませんが、

あまり過保護にしすぎて、
暖房の温度を上げすぎるのも
かえって犬の体には良くないので

今回の記事を参考に、
快適な環境を用意してあげてくださいね。

関連記事:ペットの暖房温度は?お留守番のつけっぱなしでも電気代を節約するには?



スポンサードリンク

-ショッピング, 生活
-,