ショッピング 生活

トイプードルの冬の飼い方は?暖房やエアコンの温度、留守番や寝るときは?

スポンサードリンク

トイプードルといえば
ふわふわとした被毛が特徴的で
とても可愛く一見暖かそうに見えますよね。

ですが実際、冬の寒さについては
どうなのでしょうか?

そこで今回は、冬のトイプードルの飼い方として
暖房やエヤコンの温度、お留守番させるときや
寝るときについてお伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

トイプードルの冬の飼い方は?

トイプードルも含まれているプードル犬種は、
一般的な犬種とは違って下毛はありませんが、

その代わりにその毛が一年中伸び続けるため
比較的寒さに強い犬種とされていましたが、

近年のトイプードルは、
室内で飼われることがほとんどであるため

冬の寒さを苦手とする
トイプードルが増えてきました。

これは、1年中安定した
気温の中で生活するためで
このような環境に適応したため、

気温の変化に対する耐性が
弱くなってしまったと考えられます。

また、少し触れましたが犬の被毛には
下毛だけの「シングルコート」

上毛と下毛の2重で構成されている
「ダブルコート」と呼ばれる毛の生え方があり、

トイプードルを含めたプードル犬種は
全てこの「シングルコート」であるため

保温性が高く、外気の影響を受けにくい
「ダブルコート」と比べ

外気の影響を受けやすく、
真冬の冷気を直接に受けてしまいます。

しかも、トイプードルは小型犬であるため
体高が他の犬種よりも低く、

地面に近いところで生活しているため、
常に気温が低い環境に
さらされているとも言えます。

ですので、トイプードルを飼われる方は
寒さに弱い犬種として認識して
温度管理に気を配るようにしましょう。

では、トイプードルを室内で飼う時の
適切な温度とはどれぐらいなのでしょうか?

トイプードルの冬の暖房やエアコンの温度は?

一般的には、冬にトイプードルが
快適に過ごせる温度は

20度~25度と言われていますが、

お住いの地域や住居などの
環境によっても違いますし、

もちろん、個体差も関係しますので
必ずしもこれ以下がダメなわけではありませんし、

暖房の温度をこれ以上にしては
いけないというわけではありません。

ただし、エアコンで部屋を
暖房する場合は注意が必要です。

なぜなら、エアコンは冷えた空気を
吸い込んで温めて送り出すため、

空気が乾燥してしまうからです。

空気が乾燥している環境で
犬を放置してしまうと、

鼻が乾いてしまいますし、
鼻や喉の粘膜を荒らしてしまったり
脱水症状にも繋がりますので、

エアコンで室内を温める場合には、
同時に湿度を保つために

加湿器なども用意しておきましよう。

湿度の目安としては、
40%~60%を保つようにしましょう。

加湿器が使えない事情や
電気代が気になる場合には、

バスタオルや洗濯物などを
暖房をつけている間、

常に部屋干ししておくと
湿度を保つことが可能です。

トイプードルを冬に留守番させたり寝るときは?

トイプードルを飼っていて
冬に困るのが、

留守番をさせなければ
いけないときですよね。

暖房をつけっぱなしにして
出かけても大丈夫かどうか、

電気代はもちろん、
熱を発生させて暖めるものであれば

愛犬が火傷をするのはもちろん、
何かの拍子に倒してしまって

それが原因で火事になってしまう
可能性だってあります。

ですので、できるだけ留守中には
そのような直に熱を発生させるような
暖房器具の使用は控えて、

エアコンのみにしておくか、
部屋全体を温めなくても
一定の温度が確保できるよう、

ペット用のホットカーペットなどを
用意してあげましょう。

加えて夜寝るときには
ケージのなかに毛布や座布団を
敷いてあげたり、

ゲージの周りをダンボールや
毛布で囲ってあげると保温性が高まるため、
エアコンをずっと付けておく必要もなくなりますよ。

まとめ

いかがだったでしょうか?

お伝えしたように、トイプードルは
犬の中でも余り寒さに強い犬種ではないため、
冬には出来る限りその対策をしてあげたいですよね。

服を着させてあげるというのも
一見良い方法だと思ってしまいますが、

犬は自分で脱ぎ着できないため、
暖房の効いた室内や、

留守番させるときに
着させるのはお勧めできませんので

今回お伝えしたことを
参考になさってくださいね。

関連記事:犬の暖房の設定温度は何度?つけっぱなしにした方がいい?冬に寝るときは?



スポンサードリンク

-ショッピング, 生活
-,