ショッピング 生活

猫の暖房はいらない?暖房なしもできる寒さ対策とおすすめのグッズ

スポンサードリンク

猫を飼っていると心配なのが
冬の暖房ですが、

猫によっては暖房を
苦手とする猫もいたりしますよね?

そこで今回は、
飼い猫には暖房がいらないのか?

暖房なしでもできる寒さ対策、

おすすめの暖房グッズについて
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

猫の暖房はいらない?

一般的には猫は寒さに弱い動物と
思われていますが、
実は必ずしもそうとはいえません。

品種や生活環境、猫の大きさや年齢など
個体差によっても大きく違ってきます。

ですので、とにかく猫がいる部屋を
温めればよいというわけではありません。

ただ、一般的にとって最適な温度は
20度から23度と言われていますので、

これを大きく下回っている場合には
お飼いになっている猫の様子を見た上で

暖房器具を使用してもよいでしょう。

目安としては部屋を閉め切った状態で
室温が18度以下なら注意してください。

しかし、このような室温は
人間にとっても寒い環境なので、

猫と同じ室内で過ごす場合には、
特に猫にとって寒いかどうかを
気にする必要はあまりない言えます。

むしろ、寒いからと人間に合わせて
室温を上げすぎてしまうと
せっかくの猫の冬毛が抜けてしまって
寒さ対策ができなくなったり、

外気との寒暖差が広がりすぎて
血圧の変動に大きく影響を与えてしまい、
体に負担をかける
ことにも繋がります。

したがって、もし暖房をつける時には
室内の気温の低さよりも、

上げすぎてしまわないように
気を配るようにしましょう。

猫の暖房をなしでもできる寒さ対策

では、暖房なしでもできる
寒さ対策はあるのでしょうか?

対処としてはできるだけ
外気の影響を受けないよう、

猫のケージや寝床を
窓や扉などから離し、

毛布や厚めのバスタオルなど
保温性の高い布で周囲を覆うとよいでしょう。

こうすることで外気を遮断し、
猫自身の体温で温まることができます。

また、晴れている日の昼間の
陽の光が当たる場所は

冬でも比較的暖かいので、
そのような場所に寝床やケージを移動させて
上手く誘導してあげてください。

猫の暖房でおすすめのグッズは?

ここまで猫だけのための暖房は
あまり必要ないとお伝えしてきましたが、

場所や住環境、あるいは留守の時には
やはり、なにもしないというわけには
いきませんので、

おすすめのグッズをお伝えします。

室内を暖める方法として
やはりエアコンが手軽ではありますが、

留守の間や猫一匹のためだけに
つけっぱなしにしておくのは
ややもったいない気がしますよね?

エアコンの次に主流なのが
ペット用のホットカーペットですが、

実はこれも使用し続けると
電気代以外に低温やけどの
恐れがあります
ので

留守の間や長時間の使用は
おすすめできません。

では、何が良いのかというと、

湯たんぽです。

湯たんぽであれば、
当然電気を使用していませんので
経済的ですし

自然な暖かさを保ったまま
徐々温度も下がっていくため
低温やけどの心配もありません。

また、エアコンのように
空気を乾燥させることもありませんので
猫の健康を考える方にはぴったりですよ!

まとめ

いかがだったでしょうか?

冬の寒さは飼い主である
あなたが一緒にいる間は
あまり気にする必要はありませんが、

留守の間や別の部屋にいる場合には
そういうわけにはいきません。

ですので、そのような時は
今回の記事を参考に
寒さ対策をしてあげてくださいね。

関連記事:猫の暖房はいつから必要?設定温度は何度が適温?暖房が嫌いな場合は?


スポンサードリンク

-ショッピング, 生活
-,