健康 生活

破傷風とはどんな病気、防ぐには?旅行の前の予防接種は?

スポンサードリンク

地震や豪雨などの被災地で、
「破傷風」が話題に上ることが増えています。

災害などの被害より、土の中の菌が
傷口から入って発症するため、

土砂があり、ケガをしやすい
環境で感染リスクが高まるためです。

そこで今回は、破傷風とはど
んな病気なのか、

また、日常生活でも大切な治療や
予防対策についてお伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

破傷風とはどんな病気?

破傷風は、土壌に存在する破傷風菌に感染して起こります。

潜伏期間は3日から3週間ほどで、
発症すると、口が開けにくくなる
「開口障害」
のほか、

首筋が張る、寝汗、
歯ぎしりなどの症状が出ます。

全身のけいれんを起こりしたり、
呼吸困難になったり
して、

症状が重いと命を落とすこともあります。

破傷風が疑われる場合、
すぐに傷口の洗浄や、

菌の毒素を中和する
「免疫グロブリン」を
できるだけ早く投与します。

予防では、破傷風トキソイドと呼ばれる
ワクチンの接種が有効です。

日本では、1950年に
約1900人の患者がいましたが、

1968年から定期予防接種が始まり、
患者数は激減しました。

ですが、1967年より前に生まれた人は
免疫を持たない人も多くいます。

国立感染症研究所の調べによると、
2000年代も年間の患者数が
100人を超えることが多く、

2013年以降は毎年120人以上が報告されています。

●破傷風とは
・土壌に存在する破傷風菌が傷口から体内に侵入
・潜伏期間は3日~3週間
・口を開けにくくなる
・首筋が張る、寝汗、歯ぎしり
・進行すると、全身のけいれんをお越したり、
 呼吸困難になったりすることも

破傷風を防ぐには?

破傷風は、災害と深く関係しています。

地震や豪雨などの被災地では、
汚泥やがれきの撤去など、
土に触れる機会が多くあります。

実際、2011年の東日本大震災では、
発生後の約1年間で10の発症が報告されています。

呼吸困難で気管を切開し、
人工呼吸器をつけた例もありました。

2018年の西日本豪雨でも、
広島県で少なくとも3人の
破傷風患者が報告されました。

岡山県では壊れた家屋の
片付け中に釘を踏み抜くなど、

負傷した被災者やボランティアが
数多く来院しています。

被災地における破傷風予防のポイントは三つあり、

1.汚泥やがれきの撤去は、
  丈夫な手袋やそこの厚い靴で手足を保護し、
  素肌を露出しないで行う

2.ケガをしたら清潔な水でよく洗い、
  土や泥に触れないようにする

3.破傷風を疑う症状があれば、
  医療機関をすぐに受診する
 

●被災地での注意
・汚泥やがれきの撤去を行う場合、
 深い傷を負わないように、
 手袋や底の厚い靴出て足を保護し、
 素肌を露出しない

・傷がある人は土や泥に触れない。
 破傷風を疑う症状があれば、
 速やかに医療機関を受診する

・接種したか分からない人や
 接種から10年以上たっている人は、
 ワクチン接種の検討をする

破傷風のための旅行の前の予防接種は?

海外へ旅行や出張の予定がある人は
対策が必要です。

発展途上国は医療体制が
整っていないことも多く、

いざという時に治療が
遅れる可能性があり、
事前の予防は欠かせません。

日本渡航医学学会のサイトには、
医療機関ごとに、破傷風などの

接種可能なワクチンのリストが
掲載されています。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ボランティアで被災地へ行く人で、
破傷風ワクチンの接種歴が不明な人、

接種から10年以上たっている人は、
ワクチン接種を検討するようにしてくださいね。

関連記事:子供が蚊に刺されたらどうする?とびひに対処する方法は?
     百日咳になぜ感染するその原因や症状、治療や予防は?



スポンサードリンク

-健康, 生活
-,