ショッピング

ジャージースーツやジャケットの着こなしのポイントは?

肌触りが良く、伸縮性に優れた
ジャージー素材のスーツや
ジャケットが注目されています。

そこで今回は、仕事着にも
オフの装いにも使える

着こなし方のポイントについて
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

ジャージースーツやジャケットの着こなしのポイントは?

ジャージーは編み地のことで、
伸縮性があって体の動きを邪魔しないので、

スポーツウェアやカジュアルな
トレーナーなどによく使われています。

ビジネスの場でのカジュアル化も
進んではいますが、

デニムやチノ素材のパンツ、
スニーカーなどを取り入れるのに
抵抗のある人も残念ながら多くいます。

そんな時は、普段着ているスーツを
ジャージー素材のものに
変えてみてはいかがでしょうか?

ジャージースーツの中には、
手触りが滑らかで上品な光沢のものもあり、

編み地に特殊な加工を施して
ジャージー素材には
見えないよう工夫されています。

このようなジャージースーツは、
季節を問わず長く着れます。

ダブルステッド(ダブル)のジャケットも、
ジャージー素材なら堅苦しくなりすぎず、
挑戦してみてはどうでしょう。

肩パッドがは入っていないため、
着心地も抜群です。

パンツは、センタープレスラインに
見えるような縫製が施されており、
きちんとした印象も受けます。

ウエストの後ろの部分がゴムなので、
体形が変わり始めた世代にも
着やすくお薦めです。

職種にもよりますが、
ビジネス向けとして

青のストライプ柄のシャツに
紺色のウールのネクタイを合わせ、

足元は紺のレザースニーカーにすることで
程良くカジュアルな雰囲気を演出できます。

全体を同系色でまとめることで
落ち着いた印象にしたり、

ネクタイをせずに、
白いシャツを合わせてみても良いですよ。

かっちりとした雰囲気を与えたければ、
ローファーを履きましょう。

スポンサードリンク

ジャケットは休日に着回すことが可能です。

パンツは同じジャージー素材で
グレーのものに変え、
Vネックの白いTシャツを合わせましょう。

少し袖をたくし上げると、
こなれて見えますよ。

パンツはデニムや
チノ素材などなんでも合い、

ジャケットの中に合わせるものも自由です。

冬場であれば、
タートルネックのセーターもお薦めです。

ただし、注意が一つあります。
ここ最近は、服を選ぶ基準として

着心地や素材の上質さを
重視する傾向が強まっており、

ジャージー素材の服についても、
編み地の目の細かさや手触りの良さなど、
品質には気を使いたいところです。

また、スーツを着る際には
シルエットを大事にし、

程良くゆとりがあり、
すっきりと見えるものを選びましょう。

年齢を重ねるにつれ、
流行を追いかけるよりも、
さげなくセンスの良さを
演出できる服が好ましくなりますよ。

まとめ

いかがだったでしょうか?

おしゃれには気持ちが良くて、
楽という要素も重要です。

上質なジャージー素材の
スーツやジャケットは、

そんな要望を満たしてくれますので、
大人のおしゃれを楽しんでみてくださいね。

関連記事:スーツの丸洗い方法は?家庭で行う場合はネットがポイント?


スポンサードリンク

-ショッピング
-