生活

スマホ料金の見直しと節約術、節約には割引の条件も大事?

スポンサードリンク

毎月のスマートフォンの料金を見て、
「もっと安くできたらなあ...」と
ため息をつく人も少なくないと思いますが、

実は、自分の利用動向を把握するだけで、
携帯電話会社を変更せずとも
料金を下げられる可能性があります。

そこで今回は、スマホ料金の見直す点と
節約術についてお伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

スマホ料金の見直しと節約術は?

スマホの料金は、ドコモ、KDDI(au)、
ソフトバンクの大手3社の利用者で、

月6500円以上払っているなら、
安くできる余地があります。

ポイントは、直近3ヶ月分の明細と
契約内容を確認することです。

その際「通話」「通信」
「その他のサービス」
に分けて見ていくと、

契約内容が使い方に合っていなかったり、
使い方に無駄があったりする
ケースに気づくはずです。

まず、「通話」から。

ドコモのプランは、
1.電話をかけた分だけ支払う
2.1回5分以内ならかけ放題
3.全てかけ放題
の3種類です。

3.を利用する人も多く便利ですが、
料金は一番高いです。

そこで、誰にどれぐらい
電話をかけているか調べてみましょう。

もし、親や兄弟との通話が
大半であったのなら、

ドコモには家族間の
通話無料サービスがあり、

家族と話す目的であれば
かけ放題に入る必要はありません。

家族以外とよく話す人でも、
無料通話アプリ「LINE」など、

無料か定額で話せるアプリを使えば、
最低限のプランに変更することは可能です。

続いて「通信」です。

何をするのに、どれくらいの時間を費やして、
どこで使っているのかを調べます。

自宅で動画を見たり、移動中に
ウェブサイトを良くているのであれば、

自宅に無線LAN環境を整えたり、
無料の公衆無線LAN

「Wi-Fi」があるカフェを
利用したりすれば通信料は抑えられます。

「その他」には、留守番電話や
修理代のサポートなどのサービスがあり、

ほとんど使っていないのに、
契約時に入ったまま、

お金を払い続けている場合も多いので、
よく調べて、不要であれば解約しましょう。

auやソフトバンクの利用者も
料金を下げられるかの確認の仕方は同様です。

両者とも、通話の料金体系は
ドコモと同じ3種類に大別でき、

通信プランもデータ通信量に応じて選べます。

通話は話した分だけ支払い、
通信は1ギガバイトまでのプランにすると、

auで2980円(税抜き、2年契約適用時)、

ソフトバンクも変更後1年目は
2980円(税抜き、2年契約適用時)です。

同じ会社で通話はかけ放題、
通信利用は5ギガまでのプランより、
いずれも数千円くなります。

●携帯料金の見直しポイント(NTTドコモの場合、税抜き)
請求内訳等詳細    月額       請求内訳等詳細   月額
カケホーダイ   2700円 →→→  シンプルプラン  980円
プラン            無料通話
               アプリを
               利用

ベーシックパック 5000円 →→→ ベーシックパック 2900円
(~5ギガバイト)     WiFiを活用   (~1ギガバイト)

インターネット   300円      インターネット  300円
接続サービス              接続サービス  

留守番電話     300円→↓不要で
サービス           ↓あれば
               ↓解約
ケータイ補償    500円→→→→   解約       0円  
サービス           ↑
               ↑
あんしん遠隔    400円→↑
サポート

合計       9200円              4180円

スマホ料金の節約には割引の条件も大事?

スマホの料金体系は複雑で注意すべき点も多くあります。

各社の料金プランの大半は、
2年契約が前提になっています。

契約途中で解約すると、
9500円(税抜き)の
解約料がかかりますが、

2年契約以外のプランより
月々の料金は割安です。

NTTドコモの例で、
電話をかけた分だけ
支払う通話プランの場合、

2年契約なら月980円(税抜き)ですが、

契約期間を定めないものは
2480円(税抜き)になります。

割引も多様で、
家族で入ると割引料金が適用されたり、

インターネットサービスとセットで
契約すると割引になったりします。

割引の適用条件は各社で異なりますので、
明細などをチェックする際は、

こうした点もよく検討して、
料金プランの変更でその割引が
どうなるかも調べるようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

スマホの毎月の料金に
負担を感じてはいても、

いざ見直すとなると面倒になって
見直していないという方も多いと思いますが、

毎月の出費は積み重なると
1年間でかなりの額にのぼりますので、
思い切って行動してくださいね。

関連記事:スマホの充電池の劣化はなぜ起きる、長持ちさせるのは?
スマホのフォトブックサービスを比較 手軽で価格の安いものや高画質のものは?
    



スポンサードリンク

-生活
-