健康 生活

子供に増えている急性内斜視とはなに、予防や対策は?

スポンサードリンク

どちらかの目が急に内側に寄って、
左右の視線がずれる

「急性内斜視」になる子供が増えています。

スマートフォンやゲーム機などの使いすぎが
原因となっている可能性が指摘されていますが、
実際はどうなのでしょうか?

そこで今回は、
子供の急性内斜視とはなんなのか、

また予防の方法や対策について
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

子供に増えている急性内斜視とはなに?

一般的にスマホを使う時、
目からの距離は約20センチまで近づきます。

近くの物を見る場合、
両目は内側に寄り、

ピントを合わせようと
瞳孔が小さくなって、

レンズにあたる水晶体は
大きく膨らみます。

画面が小さいため
視線の動きが小さくなく、

見続ける間は緊張した状態が続きます。

長時間使用を習慣的に繰り返すと、

目がこうした状態に
適応してしまう可能性があります。

「スマホ斜視」の子供の実態を把握しようと、
日本小児眼科学会と日本弱視斜視学会は
2019年、調査を始めました。

アンケートに答えた医師371人のうち、
122人が2018年の1年間に

スマホなどの使いすぎが原因とみられる
急性内斜視の子供や
若い患者がいたと回答しました。

今後は200人規模で患者を
登録して詳しく調べる予定で、

どういう子供にリスクが高いのかなどに
ついて解明していくとのことです。

●各機器と目の距離の比較
スマホ 20センチ
書籍    30センチ
パソコン    50センチ
スマホは目からの距離が近い

子供に増えている急性内斜視の予防や対策は?

スマホ斜視を予防するには、
30分間使ったら5分間休憩して遠くを見たり、

スマホとの距離感を意識して
30センチ以上離して使ったりすることが大切です。

立体的に感じられる3D(3次元)や、
コンピュータが作り出した

架空の世界を楽しむVR(仮想現実)の映像も
影響が懸念されています。

錯覚を利用したこれらの技術は
目を内側に向かせる力がさらに強いうえ、

子供の脳は未発達なため、
目と脳の成長に悪い影響を
与える可能性もあります。

このため、メーカー側は、
受取的に年齢制限を設けています。

3D映像を楽しめる携帯ゲーム機
「ニンテンドー3DS」を販売する任天堂

「6歳以下は3D映像を表示しない設定にしてください」と
取扱説明書に明記しています。

VRを体験できるゴーグル型の端末
「プレイステーションVR」を販売する

ソニー・コンピュータインタラクティブエンタテインメント
「対象年齢は12歳上」として注意を呼びかけています。

3D(3次元)やVR(仮想現実)映像にも注意
・錯覚を利用した3DやVRは目を内側に向かせる力が強い
・両目で立体的に見る能力は幼少期に発達
  
予防法
・30分ごとに5分休憩して遠くを見る
・スマホよりタブレット端末、
 ゲーム機は携帯型より、テレビに
 つなぐ据え置き型の方が目にやさしい
・スマホは30センチ以上離して使う

●各メーカーがルールを策定
3D「ニンテンドー3DS」任天堂
「6歳以下は3D映像を表示させない」
VR「プレイステーションVR」
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
「12歳未満には使用させないで」

まとめ

いかがだったでしょうか?

スマホなどのデジタル機器は、
子供の成長段階に応じた
付き合い方が重要です。

記事でもお伝えしたように、
子供の脳は未発達なため、

斜視だけではなく他の影響を考えて
十分に注意してくださいね。

関連記事:子供のスマホ閲覧制限義務とはなに?親ができるスマホの制限は?
     小学生の子供に起きるスマホトラブルを防ぐルールとは?



スポンサードリンク

-健康, 生活
-,