健康 生活

新型コロナ対策による手洗いやマスク着用で肌荒れした場合はどうする?

スポンサードリンク

新型コロナウイルスの感染が
広がっている地域では

緊急事態宣言も出されていますが、
こまめな手洗いや、

マスク着用による
咳エチケットの徹底は
感染予防に欠かせませんよね。

ですが、頻繁に手を洗ったり、
マスクを長時間つけたりしているうちに、
肌が荒れてしまってはいないでしょうか?

そこで今回は、新型コロナ対策による
手洗いやマスク着用で肌荒れした場合の
ケアについてお伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

新型コロナ対策による手洗いやマスク着用で肌荒れした場合はどうする?

手荒れを放置すると、
皮膚の亀裂から様々なウイルスや
菌が入り込む可能性があり、

正しい手洗いをしないと
皮膚のバリア機能が崩れて、

水分が奪われて乾燥が進み、
かさつきやすくなります。

かさつきを放置していると
皮膚が硬くなり、

手肌の表面に亀裂が生じて、
ひびやあかぎれなどの症状がでます。

熱いお湯で洗うと皮脂が
流れて手が乾燥しやすくなるので、
ぬるま湯で洗ってください。

ハンドドライヤーは指先を
乾燥させすぎることもあるので、
正しく洗って、拭くことが大切です。

手に水分が残っていると
肌荒れの原因になるので、

手洗い後は清潔なタオルなとで
やさしく拭き取ります。

手の乾燥を防ぐには
ハンドクリームを塗るのが有効です。

できれば手を洗うごとに
塗るのが望ましいですが、

難しい場合は寝る前に
塗るようにしましょう。

乾燥がひどい場合は、
油脂やビタミンEが含まれている
クリームを使用しましょう。

塗る量は、人差し指の指先から
第一関節くらいまでが目安です。

手の甲や指一本一本、
指の股にまんべんなく塗ります。

ささくれになりやすい爪の周りは、
軽く押しながらマッサージを
するような感じを心がけます。

寝る際にシーツなどが
ベタつくのが気になるなら、
綿の手袋をはめて寝るとよいでしょう。

使い捨てのマスクを使い続けていると、
顔がチクチクすることがありますよね。

そのような場合は、マスクの裏に、
ガーゼや綿の布を入れると
だいぶ改善されます。

古いTシャツの生地などを
切って使ってもかまいません。

顔全体に保湿クリームを塗って、
乾燥しやすいところには
もう一度塗るのがおすすめです。

マスクをつけ続けていると、
ニキビができることもありますが、

そのような場合は、
ニキビ肌向けの化粧水を
つけるといいでしょう。

キだあれ対策の保湿クリームや
ニキビ対策の化粧水をつける場合、
朝などマスク着用前にしてください。
 

肌荒れした顔にマスクを着用する際には、
化粧にも工夫が必要です。

肌がマスクとの摩擦で
乾燥しているときは下地を多めにして、

蒸れてテカリが気になるときは
フェースパウダーを使いましょう。

マスク着用時は目元だけ出るので、
アイメイクに力を入れましょう。

湿気でにじまないように
ウォータープルーフタイプの
マスカラで目元を強調します。

眉毛は明るめのブラウンなどで
ふんわりと描き、

アイシャドーは肌に馴染む
ピンクやオレンジで血色を出します。

化粧後に使う化粧液もおすすめです。

アイカラー用品も前年同月と比べて3倍多く、
リップカラーが3割増しでした。

マスクについてしまうことが多いリップは、
色持ちがいい「ティント」タイプが人気で、

ファンデーションを塗っていなくても、
発色のいいリップを塗ることで
顔色が明るく見えます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

感染対策とはいえ、
毎日頻繁に手を洗ったり、

マスクを着用が続けると
肌荒れする方も少ないと思いますので、

今回の記事を参考に
対処してくださいね。

関連記事:在宅勤務の間のメイクや服装はどうればいい?
     肌をケアして保湿し潤いをもたらすには?荒れる原因は?



-健康, 生活
-,