健康

加熱式たばこにも医療保険が適用される?自己負担の割合は?

スポンサードリンク

たばこをやめられない
ニコチン依存症の人を
対象にした禁煙治療ですが、

4月から、副流煙が出ない
「加熱式たばこ」にも公的な
医療保険が使えるようになりました。

そこで今回は、
加熱式たばこに適用される

医療保険の自己負担の割合について
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

加熱式たばこにも医療保険が適用される?自己負担の割合は?

加熱式たばこを巡っては、
メーカーが健康への悪影響が
少ないと説明していますが、

吸い込む蒸気にはニコチンなどの
有害物質が含まれているため、
保険の対象になりました。

治療は、12週間に
医療機関に5回かかり、

吸いたいという欲求を
抑えること目指します。

貼り薬の「ニコチンパッチ」や
飲み薬の「バレニクリン」の処方を受けます。

ニコチンが不足すると、
不快感が募ることがありますが、

こうした薬を使うことで、
禁煙をサポートします。

禁煙治療はこれまでも
自由診療で受けることができましたが、

高額だったこともあり、
あまり広がりませんでした。

今回の保険適用で、
自己負担が1~3割になりました。

3割なら貼薬の場合は
約1万3000円、
飲み薬は約2万円で済むようになります。

従来の紙巻きタバコタイプの
たばこが対象の禁煙外来は、
2006年から保険が聞くようになっています。

ニコチンパッチを使うと
禁煙の成功率は約1.7倍、

バレニクリンは約2.3倍に
高まるとされています。

厚生労働省の調査では、
治療を途中でやめる人が
6割以上いますが、

最後まで続けた場合の
成功率は約9割に上ります。

治療をいかに継続してもらうかが課題です。

対面診療と組み合わせことを条件に、
スマートフォンなどを使った
オンライン診療も4月から認められました。

失敗した場合、1年間は保険を使った
禁煙外来の治療を受けることは
できないことになっています。

受動喫煙対策を強化する
改正健康増進法が
4月から全面施行されて、

飲食店やオフィスなどが
禁煙スペースを除き、
屋内は原作禁煙になりました。

●12週間にかかる加熱式たばこ
 喫煙者の禁煙治療費(3割負担)

ニコチンパッチを使った場合
約1万3000円(約4万4000円)

飲み薬を使った場合
約2万万円(約6万7000円)

カッコ内は、公的な医療保険が
適用される前(3月まで)の金額

まとめ

いかがだったでしょうか?

ほとんどの商業スペースでは
喫煙そのもの自体が
禁止されることになっていますので、

これをきっかけにして、
禁煙を考えてみても
よいかもしれませんね。

関連記事:職場で同僚や自分の臭いが気になったらどうする?
     痰の役割や出る仕組みと痰を病気の診断に役立てるには?



-健康
-,