健康

c型肝炎治療薬の価格と自己負担はいくら?

スポンサードリンク

2020年度のノーベル生理学・医学賞は、
C型肝炎ウイルスを発見した
米英出身の研究者3人に贈られましたが、

その研究成果によって、
C型肝炎ウイルスの高精度の検査や
治療薬の開発につながりました。

そのためC型肝炎は、
治せる病気になってきています。

そこで今回は、c型肝炎治療薬の価格と
自己負担はいくらになるのかについて
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

c型肝炎治療薬の価格と自己負担はいくら?

C型肝炎の飲み薬は高価ですが、
自己負担は月額2万円までで済みます。

肝臓は「沈黙の臓器」と
呼ばれていますが、

C型肝炎ウイルスに感染して炎症が出ても、
自覚症状はほとんどありません。

肝硬変、肝臓がんと進んで初めて、
病気が見つかることも多いようです。

ウイルス性肝炎はA~E型などがあり、
このうちC型は非常に多くいます。

感染した人からの輸血や
血液製剤などが原因となることもあり、

医療行為が原因の「医原病」とも
言われています。

ほかには覚醒剤を打つなどの
注射器の使い回しや、

消毒が行き届いていない
器具でピアスの穴をあけることなど
感染リスクが高まります。

A型、B型とは異なるウイルスが
特定された研究を機に
治療薬の開発も大きく進みました。

当初は注射薬のインターフェロンが
中心でしたが、副作用の多いのが難点でした。

ウイルスを排除できる飲み薬が
登場したのはこの数年の間のことです。

現在は飲み薬が主流になってきています。

効果は非常に高く、
最初の治療なら9割以上治り、
副作用も少ないとされています。

ただ、価格は非常に高く、
1錠で1万円を超えて、
中には6万円もするものもあります。

歴史的に医原病の側面があるC型肝炎では、
患者の治療を支える国の制度があり、

自己負担は低く抑えられています。

自己負担額の上限は、
所得に応じて月額1万円と
2万円となっています。

●C型肝炎の治療薬と価格
薬剤名     価格(1錠) 1日の服用回数と量 治療期間     治療総額
ソバルディ  約4万3000円    1回1錠    12~24週  約361万~約723万円
ハーボニー  約5万5000円    1回1錠     12週     約466万円
グラジナ   約9100円    1回2錠     12週     約368万円
エレルザ   約2万5500円    1回1錠    12週     約368万円
マヴィレット 約1万8500円    1回3錠  8~12週 約310万円~約465万円   
エプクルーサ 約6万1200円    1回1錠  12~24週 約514万円~約1027万円
※グラジナとエレルサは合わせて服用する

まとめ

いかがだったでしょうか?

医療費助成を受けるには
申請が必要ですので、   
 
C型肝炎と診断されたら、
治療前に自治体の窓口に
相談してくださいね。

関連記事:高額医療費引き上げの上限金額はいくらから?70歳以上の後期高齢者の自己負担は?
     高額医療費の自己負担限度額とはいくら?



-健康
-,