ショッピング 生活

一人暮らしの女性は防犯装置が大切!グッズは窓や音、対策は玄関に!

スポンサードリンク

進学や就職で新たに一人暮らしを始める女性も増えますが、
楽しみな反面、一人暮らしの女性が
被害に合う犯罪も後を絶ちません。

そこで今回は女性が一人暮らしをするにあたり
気をつけなければいけないポイントについてお伝えしてまいります。

スポンサードリンク

一人暮らしの女は防犯装置が大切!

自由に部屋のインテリアを楽しめるのも
一人暮らしの魅力ではありますが、

自分を守る対策を習慣づけて外から見られても
女性の一人暮らしとは気づかれないようにすることが大切です。

具体的には、

●ピンク色や花柄などのカーテンは避ける

●出窓など外から見えるところにぬいぐるみを置かない

●下着などを洗濯したら部屋干しにする

●女性モノの傘を玄関先に干したままにしない

などです。

また、ゴミから個人情報が特定されることもふるので、
氏名が書かれたダイレクトメールは黒塗りにしたり、
シュレッダーにかけるなど
細かく破ってから捨てましょう。

女性が習慣にしたい防犯対策

●オートロックを過信せず、ドアや窓には常時、鍵をかける

●背筋を伸ばし、周囲を警戒しながらスタスタ歩く

●定期券は印字面がみえないようにケースに入れる

●カバンの口は不意に開かないように、しっかりと閉める

●スマホの画面はのぞき見防止対策をして、パスワードで必ずロックする

一人暮らしの防犯グッズは窓や音が大事!

窓ガラスを割って解錠するという
『ガラス破り』という手口も多いため、

解錠されても開いてしまわないようにする
補助錠を付けておきましょう。

ホームセンターなどで500円程度から購入できるので
備えておきたいところです。

賃貸住宅の場合は家主や
オーナーと相談する必要がありますが、

割れにくい防犯用のガラスに交換したり、
ガラスフィルムを貼ったりする方法もあるので
念には念を入れたい場合にはご検討ください。

もちろん通勤や通学などの外出時にも
注意をする必要があります。

例えば、夜は遠回りになったとしても明るい道か
人通りのある道を選んで早足で歩くのが望ましいです。

他にも事前に交番やコンビニエンスストアなど、
いざというときに逃げ込める場所があるのか
確認しておきましょう。

ついついやってしまうのが

スマートフォンを操作しながら

音楽を聞きながら

の歩行です。

普通に歩いた場合は平均1.9メートル離れた不審者に
気づくことができるのですが、

音楽を聞きながらだと10センチまで近づかないと
気づかない可能性が高いのです。

そのため、実際に尾行された場合には
自宅を特定される恐れがあるため、
交番やコンビニに逃げ込むようにしてください。

また、襲われた時に大声を出す自信がないという方は
防犯ブザーを持つだけでなく、

いつでも音が出せるようにカバンの外側につけてください。

一人暮らしの防犯対策は玄関に気を配ろう!

春はセールも多く、
不用意にドアをあけないことも大切です。

警視庁によると2015年に発生した住宅への
侵入窃盗は約4万6000件で、1日平均約126件も発生していることになります。

そのうち最も多いのが鍵がかかっていない
ドアや窓からの侵入なので

玄関や窓の鍵のかけ忘れには
気をつけておきたいですね。

ちょっとゴミ捨てに行ったり近くへ出かけている間に
空き巣に遭ってしまうこともあるので

家滞在している時はもちろん、
些細な外出時にも鍵をけておく習慣をつけておきましょう。

まとめ

女性の一人暮らしは犯罪に遭遇する可能性が
一般的に男性よりも高いため
用心するにこしたことはありません。

初めて一人暮らしを始める方は
浮かれるのも分かりますが、

些細なミスで一生後悔することもありえますので
十分に注意を払うようにしてくださいね。
関連記事:一人暮らしの女性におすすめの防犯対策やグッズ・装置、物件の選び方

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

室内ドア用かんたん在宅ロック【部屋 扉】
価格:1296円(税込、送料別) (2017/3/21時点)

スポンサードリンク

-ショッピング, 生活
-,