イベント 行事

運動会の写真撮影の方法やテクニックと失敗しないためのコツ

運動会の楽しみといえば
成長したお子さんのハレの姿を
目に焼き付ける同時に、

その様子を写真に撮って
保存しておくことですよね。

しかし、運動会の撮影は被写体である
お子さんも激しく動いていますし、

また当日は混雑している上、
自由にそのための場所が
確保できるわけではありません。

そこで今回は、
運動会で写真撮影するための
基本的な方法とテクニック、

やってしまいがちな失敗を
防ぐためのコツについて
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

運動会の写真撮影方法

運動会のような被写体が激しく動く場合には
どのようにすれば上手に写真撮影ができるのかというと、

まだ、あまりカメラに慣れていない方や
細かな設定などが分からない場合には

難しい調整を全て任せてしまいましょう。

では、具体的に何をするのかというと、
カメラに付いているモード設定のダイヤルを
「スポーツ撮影用モード」に合わせるだけです。

カメラの種類によって
その名称やマークの形は違いますが、

大抵のカメラに標準装備されていますし、
人型のマークが走っているなど

動きを表すポーズで表示されている場合が
ほとんどですのでどなたでも
簡単に合わせるできるはずです。

特徴としては、
AF(オートフォーカス)モードから
コンティニュアスAF(C-AF・AF追尾)モードになることで

シャッターボタンを
半押しした状態でも撮影範囲のピントを
ずっと中心に合わせ続けることができるため、

撮影チャンスが一瞬で限られている
運動会の撮影には最適です。

また、シャッタースピードも
可能な限り早くしてくれますので、

動きが早く激しい被写体でも
ボヤけずキレイに撮ることができます。

ただし欠点として、晴天の日に
撮影する場合には問題なく撮れるのですが

曇りや日陰を写した場合には
全体的に暗くなってしまうため、
万能というわけではありません。

「露出補正」を行えば暗い場所でも
明るく撮ることは可能なのですが、

残念ながら「スポーツ撮影用モード」では
それができない
ため、

このモードを使用される場合には
できるだけ日当たりがよく、
明るくなっているタイミング見計らって
撮影するようにしてください。

運動会の写真撮影のテクニック

ここからは、知っておくと
さらに上手く撮影できる
テクニックについて詳しくお伝えします。

●とにかく連写で撮影する

ありがちなのが、決定的な瞬間を撮ろうとして
肝心のその瞬間を取り逃すしてしまうというミスです。

このようなミスを起こさないためには
我が子が競技に参加し出したら、
ひたすら連射で取り続けることです。

こうすれば、その何十枚のうち何枚かは
上手に撮影されたものがあるはずですし、

中には思いもよらない決定的な瞬間が
収まることだってありえますので、

上手に撮影する自信がないという方は
ぜひお試しになってください。

方法も簡単で、連写ができる
シャッターモードに変更するだけです。

この時の注意点としては、
AF(オートフォーカス)モードのままでは
ピンボケになる可能性が高いので、

先程お伝えした
コンティニュアスAF(C-AF・AF追尾)モード
切り替えておきましょう。

スポンサードリンク
●望遠レンズで場所取りが楽に!

運動会といえば、撮影だけではなく
観覧のための場所取りすら面倒で厄介なものです。

特に人気の撮影場所だと
すぐに埋まってしまうことも
容易に想像できます。

よくあるのが、遠い場所から
我が子を写真に収めるために広い範囲を撮影してしまい、
結果他の子とほとんど区別がつかないぐらいに
小さく写ってしまうというケースです。

そんな場合でも
「望遠レンズ」を使用すれば

遠くからでも、我が子が競技に
参加している様子を写真に収めることができます。

ただし、カメラによって
可能な倍率が違っていたり

当然ですが、望遠になれば
それだけ被写体との距離も
離れることになりますので

手ブレが起こりやすくなりますので、

次にそれらのコツをお伝えします。

運動会の写真撮影のコツは?

●手ブレを防ぐ方法

手ブレを防ぐ最も簡単な方法としては
三脚を利用して撮影すると良いのですが、

最近では周りの方の迷惑にもなるため
持ち込みを禁止している学校も多くなっています。

そんな場合有効なのが

「体で固定する」方法です。

お勧めなのが、撮影は基本的に
右手でシャッターを押していますから、

反対側の腕を利用して
カメラが動かないように固定する方法です。

やり方は単純で、
まずは左肘をお腹にくっつけます。

次にその状態のまま左手を広げて、
その上にカメラを置いて撮影します。

こうすることで、
左腕が固定されていますので

両手に持って撮影する時と比べて
ずいぶんと手ブレを軽減することができます。

両腕の肘をお腹にくっつけて
固定しても良いのですが
それだと身動きをとることができず、

また長時間その姿勢を維持するのが苦しいので
より簡単で楽な左腕だけ固定するのがお薦めです。

●ズームばかりになってない?

望遠レンズやズーム機能を
多用しすぎるとおちいるのが、

アップばかりになってしまうことです。

これも我が子を写真に収めようとするあまり
かえって我が子だけが写っていて、

どの競技に参加中の様子なのか
分かりにくくなって、

同じような写真ばかりに
なってしまうという失敗です。

これを防ぐためには、
適度にズームを止めて

あえて遠景に写っている写真や
全体の様子を撮影するようにすると

その時の雰囲気が感じ取れる写真になります。

●事前の練習が大事!

ここまでいくつか運動会の写真を撮影するための
テクニックやコツをお伝えしてきましたが、

いくら知識として分かってはいても、
いざ本番になると思った通りの
撮影ができるわけではないので、

これはと思った方法をあらかじめ試しておくと
本番でも間違ったり慌てたりすることなく
落ち着いて撮影に望むことができます。

簡単な方法としては、
子供のかけっこ練習を見てあげるついでに

その様子をカメラのモードを
変更しながら撮るというのが、
当日の予行にもなるので良いですよ!

まとめ

いかがでしたでしょう?

いままで、運動会の写真を
上手く撮れたことがないという方や

難しく考えて悩んでいた方は
今回お伝えしたことを参考に
ぜひ挑戦してみてくださいね。

関連記事:運動会での親やママの持ち物と服装はどうする?ファッション写真10選

スポンサードリンク

-イベント, 行事
-,