ショッピング 生活

うさぎの防寒対策 ケージやハウスの置き方は?毛布を使うと効果的?

朝晩の気温が下がって
寒さを感じるようになると

心配になるのが
飼っているペットの防寒ですが、

うさぎを飼っている場合には、
暑さはともかく多少の寒さには
強いからと油断してはいませんか?

実はうさぎは多少の寒さに強くとも
急激な温度変化には対応できず、
体調を崩してしまう可能性があります。

そこで今回は、

うさぎの防寒対策をする場合、
ケージやハウスをどう置けばよいのか?

毛布を使った効果的な
防寒の方法について
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

うさぎの防寒対策 ケージやハウスはどう置く?

うさぎがいる場所としてはケージ内にいるのが
ほとんどだと思いますので、

防寒対策にはまず、
ケージやハウスを置く場所に
気を配る必要があります。

窓際や玄関、部屋の出入り口は
気温も特に低くなりやすく、

隙間風も入ってきやすいので、
できるだけそれらの場所に
ケージを置かないようにします。

お部屋の間取りの都合上、
窓から離すことがどうしても難しければ、

窓からの冷気の侵入を防ぐ効果がある
「断冷カーテン」などを
使用されても良いかもしれません。

また、ケージを直接床に置くと
底冷えするのでケージの下に

カーペットやバスマット
または発泡スチロールなどを
敷いて上げましょう。

ただ、発泡スチロールを使用すると
うさぎによっては
齧って食べてしまったり、

散らかしてしまう可能性もありますので、
代わりにダンボールを敷いてもかまいません。

見た目をあまり気にせず、
あくまで飼っているうさぎの健康が
大事だという方には、

ケージの周りを立てたダンボールで
囲うのも良い方法です。

こうすることで風が直接、
ケージに当たることを防げますし

ケージ内の熱を外に
逃がすことがなくなります。

もし、飼っているうさぎの数や大きさに対して
ケージの広さに余裕がある場合には、

ケージの中にペットハウスを入れてあげると、
その中に入って自分で温まることが可能ですし

自然界で巣穴に入っている時のような
安心感も得られますので最適です。

スポンサードリンク

うさぎの防寒は毛布を使うと効果的?

「断冷カーテン」を用意できなかったり、
ダンボールで囲うのを
見ため的に避けたい場合には、

毛布でケージを覆う方法も有効です。

ただ、直接毛布をケージに被せてしまうと
毛布をケージ内に引っ張り込んだり、

毛足の長いものだと
齧ってしまう恐れもあります
ので、

毛布とケージの間に隙間を作るため、
ケージの天井よりやや大きめのサイズの

ダンボールや板を乗せて、
その上から毛布をかけてあげてください。

こうすることで、ケージの側面と
毛布の間に隙間ができるので、

中に引き込んだり、
齧ってしまうという心配がありません。

まとめ

いかがだったでしょうか?

うさぎの防寒対策というと、
部屋を暖めることばかりに
気が行きがちですが、

冬の間中ずっと暖房を
付けておくわけにはいきませんし、

部屋が暖まった環境に
慣れすぎてしまうと、

暖房を消した時の寒暖差で
体調を崩してしまう可能性も
高くなってしまいますので、

時には暖房も大切ですが、
暖房に頼らない防寒対策にも
気を配ってあげてくださいね。

関連記事:うさぎの寒さ対策はカイロと湯たんぽどっちがいい?毛布で手作りできる?



スポンサードリンク

-ショッピング, 生活
-,