ショッピング 生活

ハムスターの暖房はいつから?温度は何度にすればいい?その方法は?

スポンサードリンク

ハムスターはその小さくて
ちょこまかと動き回る姿が
大変愛らしい動物ですが、

一方でそれゆえ外気の変化に
とても敏感で、飼育環境の温度管理が
欠かせないペットでもあります。

特に気温の下がる冬場は気をつけないと
命を落としてしまう可能性だってあります。

そこで今回は、ハムスターの暖房は
いつからはじめるのか?

その温度は何度ぐらいにすればよいのか?
また、その暖房方法について
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

ハムスターの暖房はいつから?

ハムスターの暖房について
いつから始めるのがよいのかというのは、

お住いの地域や
住宅の環境によって違うので

はっきりここだということを
断言することはできませんが、

気温の下がるのが
早い寒い地域の場合には

9月の末頃から準備を
始めてるのが良いでしょう。

そうでない地域でも、
だいたい11月を迎える頃には
しっかりと対策を済ましておく
と安心です。

ハムスターのような小動物は、
寒暖差による温度変化にとても敏感なため、

夏のお終わりから秋口にかけての
急激な温度の低下によって
冬眠状態になり、

そのまま目を覚まさずに
死んでしまう可能性もありますので、

ハムスターの動きがいつもより
鈍くなってきたと感じたら
ただちに暖房対策を行ってください。

目安としては、
ハムスターがいるケージ付近の温度が

15度を下回るようであれば取り掛かりましょう。

ハムスターの暖房の温度は何度にすればいい?

では、ハムスターのための暖房の温度を
何度にするのが良いのでしょうか?

ハムスターの中でも
ドワーフハムスターと呼ばれる
ジャンガリアン、チャイニーズ、
ロボロフスキー、キャンベルは
一般的に寒さに強く、

ゴールデンハムスターは寒さに弱いため
これも一概には言えないのですが、

一般的な適温は

20度から26度

言われていますので、

お住いの地域や住環境にあわせて
対策してあげてください。

注意する点としては、
寒さを気にするあまり

室温を外気と比べて上げすぎてしまうと
気温差についていけず
身体を壊してしまいます
ので、

短い時間に暖房の温度を高くするよりは
20度程度で良いので、

24時間一定の温度に保つことのほうが大切です。

また、ケージを置く場所にも
気を配る必要があります。

なぜなら、ケージを窓際に置いた場合
日が暮れる夜などは気温が下がってしまいますが、

日中の晴れた日には日差しが差し込むため、
ケージ内の温度が急激に上昇してしまうからです。

そうなると気温差によってショック死したり、

体温が下がって疑似冬眠状態になってしまうので
くれぐれも注意してください。

ハムスターの暖房方法は?

ハムスターの暖房方法としては
ケージ内を暖め、またその中の温度が
下がらないように保つことが大切です。

簡単な対策としては、ケージの周囲を
ダンボールや新聞紙で覆う方法です。

全面を覆ってしまうと密閉状態になって
酸欠になる恐れがありますので、

覆うものをぴったりと
ケージにくっつけるのではなく、

1~2センチ隙間を
空けるようにしましょう。

ケージの上には中の様子を見たり、
暗くなりすぎないように

厚手のバスタオルやブランケットを
かけておくと良いでしょう。

ケージの下も熱が逃げないよう
ダンボールや発泡スチロールを
敷いてあげるのも効果的です。

あとはケージの中に床材を
多めに入れてあげるのも忘れずに。

やや寒さが厳しいと感じた日には、

使い捨てカイロをケージを囲っている
ダンボールや新聞紙の外側に貼り付け、

その周りをさらに毛布や
ブランケットで覆ってあげると
かなり寒さを防ぐことができますよ!

まとめ

いかがだったでしょうか?

ハムスターの暖房は
記事の中でも繰り返しお伝えたように、

温度を高くすることよりも
一定の温度を維持し続けることの方が
重要ですので、一度対処して

ほったらかしにするのではなく
常にケージ内の温度に
気を配ってあげてくださいね。

関連記事:ペットの暖房温度は?お留守番のつけっぱなしでも電気代を節約するには?



スポンサードリンク

-ショッピング, 生活
-,