健康 生活

子供の肌荒れの原因と対策、保湿やスキンケアの方法は?

スポンサードリンク

空気が乾燥している冬のこの時期は、
子供の皮膚がかさついたり
かゆみを感じやすくなります。

そこで今回は、
子供の肌荒れの原因や対策、

肌荒れを防ぐための保湿や
スキンケアの方法について
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

子供の肌荒れの原因や対策は?

空気が乾燥し寒くなる季節には、
子供の皮膚がカサつきやすくなります。

この主な原因が、水分の不足です。

寒くなると大気中の水分量が減り、
空気に接した皮膚から水分が奪われます。

寒さで皮膚の血行や
新陳代謝も悪くなって皮脂も減少し、
さらに水分が失われてしまいます。

特に子供は大人よりも皮膚が薄く
皮脂の量も少いなので乾燥しやすく、

外部からの刺激を防ぐ
機能が弱くなっています。

そのような状態で悪化すると、
皮膚がひび割れたり

カサついて角質が
はがれ落ちてかゆくなり、

さらにひどなると、
全身に赤みが広がり就寝中も

目が覚めてしまうほどの
かやみに悩まされる

「自家感作性皮膚炎」
などの症状が出るこもあります。

ですので、このような炎症を起こす前に
子供の肌の乾燥やかゆみがひどい場合には、

病院の皮膚科を受診するようにしましょう。

最近の研究では、
外部刺激を防ぐ機能が

低下した皮膚に食べ物が付着すると、

食べ物アレルギーが発症する
きっかけになることが分かってきましたので

アレルギー体質の家族が
いる場合にも注意が必要です。

子供の肌荒れを防ぐ保湿やスキンケア方法は?

では、このような肌荒れを防ぐには
なにをすればよいのでしょうか?

それには、日々のスキンケアによる
保湿が重要になります。

気づいたら保湿剤を塗るなど
手入れをきちんとすることで、

肌の状態が良くなり、
外からの刺激による肌荒れなどを
防ぐことができます。

ポイントしては、
2段階で行うと効果的です。

まず、化粧水などで肌に水分を与え、

次に、乳液や
クリームといった油分で保護します。

なぜかというと、
肌の潤いには水分が欠かせず、

また、油分がないと
水分が蒸発してしまうからです。

夜に保湿しても翌朝には
乾いてしまうほど乾燥がひどい場合は、

オイルを塗ってから、
肌に蓋をするようにクリームを塗ると、
しっとり感が保てます。

保湿剤としてはローション、
エマルジョン(乳液)、

クリーム、オイルの順に
しっとり感が増す
のが一般的ですが、

ただ、配合成分によって
しっとり感に違いがありますので、

子供向けの化粧水や
クリームだけではなく、

大人向けの低刺激のものを
試してみても良いでしょう。

気密性の高い住宅では、
暖房で空気の乾燥も進みますので、

加湿器を使うなど、
暮らしの中での工夫も大切です。

他には食べ物も、
ウナギやレバーなどに含まれる
動物性のビタミンAには、

皮膚の乾燥を防ぐ効果がありますので
適度にメニューに取り入れて、
体の中からもケアしてくださいね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

日ごとに寒さが増し、
冷たい風が野外や暖房が
利きすぎたりすると

肌のかさつきやかゆみに
悩まされるますよね。

小さい子供の場合は
なおさら敏感に感じていますので、

将来の体作りも意識して
子供の肌に気を配った
スキンケアをほどこしてあげてくださいね。

関連記事:子供が紫外線アレルギーになったら検査は?顔や目の対策や日焼け止めは?


スポンサードリンク

-健康, 生活
-,