ショッピング 生活

髪の毛は何本生えてる?ひじきやわかめは髪の毛に良い?増やす方法は?

髪の毛に対する疑問は多くあると思いますが、

特に気になるのが薄毛や脱毛についてですよね。

そこで今回は、髪の毛の仕組みから
その本数や俗説と具体的に増やす方法について
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

髪の毛は何本生えてる?

結論から言うと、髪の毛の本数は
だいたい10万本から15万本と言われていて、

髪の毛を作る頭皮の「毛包」という
小さな器官から生えています。

髪の毛は、ほうって置いても
1日に50~100本は抜け、

頭皮の毛包のうち1割は、
およそ3ヶ月間の「休止期」に入っていて、
そこから抜けていきます。

ただ、残る9割の「成長期」の毛包が
ちゃんと働いていれば、
薄毛にはなりません。

頭皮が見えるほど髪が抜ける
男性型脱毛症(AGA)は、
休止期の毛包が増えるのが原因で、

「テストステロン」という
男性ホルモンが深く関わっています。

毛包の奥深くには、
毛の成長の司令塔となる
「毛乳頭細胞」があります。

テストステロンは、
前頭部と頭頂部の猛乳頭細胞に届くと、

ある酵素の働きで
ジヒドロテストステロン(DHT)に変わります。

すると、細胞に作用して毛の発育を止める
シグナルを出してしまいます。

DHTは女性にもわずかあり、
頭頂部の毛乳頭細胞に作用します。

ちなみに、AGAの人でも後頭部は薄くならず、
後頭部の毛乳頭細胞は、DHTに反応しません。

また、頭髪は薄いのに、
ひげや胸毛など体毛が濃い人がいるのは

DHTが胸やひげの毛乳頭細胞には、
逆に毛が成長するからです。

スポンサードリンク

ひじきやわかめは髪の毛に良い?

「わかめやひじきを食べると薄毛が治る」
「頭皮の硬い人は毛が抜けやすい」
「頭皮に皮脂がたまると毛抜けるのでよく洗う」など、

世間には薄毛や脱毛に良いといわれる
様々な「対策法」が流れていますが、
根拠がないものも多くあります。

わかめやひじきについては、
その色から黒々とした髪を

連想させるからですが、
科学的な裏付けはありません。

また皮脂は、脱毛を起こす
男性ホルモンが分泌された
「結果」として出てくるものです。

つまり、脱毛の「原因」ではないので、
皮脂をいくら取り除いても脱毛は治りません。

頭皮が硬いと血の巡りが悪くなるから、
ということかもしれませんが、

頭皮のマッサーが脱毛を防ぐという
医学的なデータは、今のところ出ていません。

毛の生える仕組みが分かったのは
ほんの二十数年前のことで、

それまでは、古代ローマの時代から
いろんなことが試され、
虚実ないまぜに伝わってきました。

男性型脱毛は、男性ホルモンが原因なので、
これに対応しなければ根本的には治りません。

髪の毛を増やす方法は?

男性型脱毛症を治療する薬は、
既にいくつか開発されています。

日本で初めて承認されたのは2005年で、
「フィナステリド」という飲み薬です。

男性型脱毛症の原因となる
ジヒドロテストステロン(DHT)を
作れないように作用することで発毛を促します。

2015年には「デュタステリド」という
飲み薬が認められ、

フィナステリドとは少し違う仕組みで
髪の毛を増やします。

フィナステリドを3年以上飲んだ人の
約80%に発毛がみられ、

うぶ毛のような毛が生えたり、
頭皮が隠れるほど発毛したりなど

効き目は人によって様々ですが効果があり、
デュタステリドもほぼ同じ効果が認められています。

ただ、いずれもすぐには毛が生えるわけではなく、
飲み始めてから半年はかかってしまいます。

また、1年を過ぎれば毛髪数は頭打ちになり、
飲まないと元に戻るのが欠点です。

このような悩みを
根本的に解消しようとすれば、

毛が生えている部分の毛包を
髪の毛が抜けた部分に移植する

「植毛」もありますが、
植毛によって植えられるのは1万本が限界です。

これらどの治療法も病気の治療ではないため、
医療保険がきかず全額自費負担になるのもネックです。

飲み薬の治療には1ヶ月約1万円で、
年間に12万円ほどかかり

植毛手術は100万円~150万円も
かかってしまいますので、

どうしても髪の毛を生やしたい場合には
飲み薬による治療が現実的かもしれませんね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

男性型脱毛症(AGA)は男女差だけではなく、
人種差もあり、欧米人は日本人よりも
早くに表れて半分の人が発症しますが、
日本人は3割ほどです。

中国や韓国の人たちの発症率はさらに低くて、
年を重ねても黒々とした毛髪の方が多いですよね。

あなたもこのような髪を目指して
対処してくださいね。

関連記事:白髪のでき方は毛根の仕組みにある?白髪染めをかぶれずに安全にするには?



スポンサードリンク

-ショッピング, 生活
-,