家事 生活

食べこぼしの染み抜きはどうすればいい、おすすめの漂白剤やカレーは?

カレーやしょうゆ、チョコレートなどの
食べこぼしが衣服に付くと、

洗濯しても落ちにくく、
諦めてしまう人も多いですよね。

そこで今回は、染み抜きのコツや
おすすめの漂白剤、カレーのしみの
落とし方についてお伝えします。

  

食べこぼしの染み抜きはどうすればいい、おすすめの漂白剤は?

シミになりやすい食べ物が服についた場合には、
応急処置が大切です。

固形物は乾いたティッシュで取り除き、
汚れた、ぬれティッシュなどで、

服をつまんで引っ張るようにして
できるだけ取り、自然乾燥させます。

こすると汚れが広がるので、
注意しましょう。

シミになると、時間がたつほど
落ちにくくなります。

そのため、衣服の洗濯表示で
水洗いできるか確認した上で、
早めに洗濯をしましょう。

シミは主に、カレーや醤油などが元で
水に馴染みやすい水溶性のものと、

チョコレートやバタなどが元で
油脂に解ける油溶性の2つに分けられます。

水溶性のシミは直接、
液体の酸素系漂白剤を塗った上で、
洗剤を入れて洗濯機にかけます。

油溶性も同様ですが、
汚れがひどい場合は、

従来の液体洗剤より
濃縮された洗剤を塗り、

ひと晩置いてからすると、
より落ちやすくります。

家庭で使う漂白剤には
酸素系のほかに、塩素系があります。

塩素系の方が効き目には強いですが、
色柄物の衣服に使うと、
色落ちしてしまいます。

酸素系は効果が穏やかなため、
ニットやシルク素材でも
傷みにくくおすすめです。

スポンサードリンク

水洗いできない衣服の場合、
タオルなどを敷き、

衣服の汚れた部分を下にして重ね、
上から市販のシミ取り剤を塗る方法があります。

液が出る先端部で、
シミの周囲から中心部へ

トントンと叩くように押さえていくと、
シミが広がらずに落ちます。

携帯用の商品もあり、
普段からかばんに入れておくと安心です。

シミ取り剤がなければ、
中性のおしゃれ着用洗剤2ミリリットルを

水100ミリリットルに
溶かして代用すると良いでしょう。

折りたたんで、ハンカチに溶液を付け、
同様に叩きます。

汚れが落ちたら、
今度は別のハンカチに水を付けて

同じ作業を繰り返し、
溶液を落とします。

食べこぼしの染み抜きでカレーの場合はどうすればいい?

食べこぼしで特に手強いのがカレーですが、

これまで紹介した方法でも、
黄色いシミが残ってしまいがちです。

黄色いシミの正体は、
スパイスのターメリックに含まれる
「クルクミン」という色素成分。

水には溶けにくいが紫外線には弱いため、
天日干しすると比較的、簡単に分解され、
シミは薄くなります。

完全に消えるわけではないですが、
気にならないくらいにはなります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

色あせしやすいものは、
直射日光を避けて

数回陰干しを繰り返すことで、
徐々に色が薄くなるので
試してみてくださいね。

関連記事:掃除や片付けを楽にする方法や面倒な汚れを防ぐには?
     お風呂の排水口掃除の仕方や汚れ落としの方法と排水口の汚れの原因は?



-家事, 生活
-,