ショッピング 生活

冬向けサングラスのおすすめは?

スポンサードリンク

サングラスは夏のファッションアイテム
という常識はないでしょうか?

実は冬の日差しは西日のように
低い位置から目に刺さって、

紫外線の量も真夏の
8割近くあるとされています。

そこで今回は、冬向けサングラスの
おすすめをご紹介します。

スポンサードリンク

冬向けサングラスのおすすめは?

日本では違和感があるかもしれませんが、
欧米では冬でもサングラスを
かけるのが一般的です。

過度の紫外線は白内障などの
リスクを高めるとの研究もあり、
1年を通じて対策したほうがよいです。

サングラスをかけたり
外したりするのが面倒な人には、

周りの明るさに応じて色が変わる
調光サングラスが使いやすく、

J!NSの場合、通常の度付き眼鏡の料金に
税込み5500円を追加すれば
作ることができます。

ただ、色が変わるのに数分かかり、
変色機能も2、3年しか持ちません。

調光サングラスのデメリットが
気になる人には、

専用眼鏡フレームに磁石で取り付けられる
サングラスプレートのセット
「ジンズスイッチ」がおすすめです。

普通の眼鏡がワンタッチで
サングラスに変身します。
税込み販売価格で1万1000円からです。

2019年は2018年の実績を6割上回る
21万本売れた人気商品です。

磁石で着脱
ジンズの人気商品。
専用のフレームと
サングラスプレートのセットで、
磁石で着脱できる

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【JINS Switch -trend-】-JINS(ジンズ)
価格:11000円(税込、送料別) (2019/12/9時点)

 
 
 
客や上司の前でサングラスはかけづらい、
夏でもないのにちょっと....。

そんな人に便利なのが
ジョンソン・エンド・ジョンソンが

12月12日に発売した、
調光コンタクトレンズ
「アキュビュー スマート調光」です。

黒目しか覆うことができないなど、
紫外線対策としてサングラスの
完全な代用にはなりませんが、
使い分ければ便利です。

2週間の使い捨てで1箱6枚入り、
海外では1箱5000円程度で
販売されています。

調光コンタクト
アキュビューの新商品は、
2週間使い捨てのコンタクトレンズに
調光機能を追加

透明なレンズに
紫外線カット機能を付けた

クリアサングラスなら、
だて眼鏡としても楽しめます。

大手眼鏡チェーン、
ZoffUVの「Zoff UV クリアサングラス」は、
従来品より紫外線を防ぐ能力を高め、

皮脂や化粧品をぬぐい落としやすくする
「超はっ水コーティング」も加えました。

税込み販売価格3850円からで、
33300円を追加すれば
度付きにできます。

クリアサングラス
ゾフのクリアサングラスは
透明でも紫外線を完全カット。
だて眼鏡にも可能

ベビーカーの上でまぶしそうにしている子供が心配な人には、
幼児向けサングラスもおすすめです。

フランス ジュルボの
「ルーピング」シリーズは、

目の周りを隙間なく
紫外線から守る楕円形フレームで、
弾力性のある樹脂製なので安全です。

つるの先にバントを取り付けて、
ゴーグルのように
頭に固定できる点も人気です。

1歳用と2~4歳用があり、
税込み希望小売価格は共に4950円です。

幼児向け
仏ジュルボのルービングシリーズは、
弾力性のある樹脂製フレームで安全です。
ゴーグルのように頭に固定できます。

●冬の紫外線の危険性
夏の日差し
光は強いが、高い角度から
斜めに当たる
冬の日差し
西日のように直撃する

まとめ

いかがだったでしょうか?

お伝えしたように、
冬場に野外を裸眼で過ごしていると
意外とダメージを負っていますので、

目を守るために冬こそサングラスを
かけるようにしてくださいね。

関連記事:紫外線アレルギーが目にでたら?検査や治療の方法や目薬は?目の周りはどうする?
保育園での外遊びが心配?子供の紫外線によるシミや日焼け止めと炎症したら?




スポンサードリンク

-ショッピング, 生活
-,