健康

紫外線アレルギーが目にでたら?検査や治療の方法や目薬は?目の周りはどうする?

暖かくなり、日差しが強くなると
気をつけたいのが紫外線による日焼けですが、

肌が黒く焼けることを気にしないという方でも
注意しておいたほうが良いのが
目の紫外線アレルギーです。

この目の紫外線アレルギーは
花粉症の時期と重なることも多いため
見過ごされることも多いのですが、

しっかりと対処しておかないと
後々取り返しのつかないことになる可能性もあります。

そこで今回は、目の紫外線アレルギーの
検査や治療方法、目薬による対処や
目の周りの対策についてお伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

紫外線アレルギーが目にでた場合の検査や治療の方法とは?

普段目が痒くなったり、多少ムズムズするで
花粉症を疑っていても鼻への症状もないので
そのまま我慢しているという方や、

花粉症の検査をしたり、
薬を摂取しても一向に目への症状が
緩和されないという場合には一度、
紫外線アレルギーの検査を
受けられたほうが良いかもしれません。

目安としては以下のような症状です。

●目の充血や炎症

●日光を浴びた時に目に違和感を感じる

●瞼裂斑(けんれつはん)

瞼裂斑(けんれつはん)
白目の部分にできる黄色いシミのことで、

これはコンタクトレンズなどの
刺激によって起こることもあるのですが、

紫外線による刺激や
ダメージの蓄積でもできるので

普段あまりコンタクトを使用していない場合には
紫外線アレルギーの疑いがあります。

この検査は、皮膚科で
「光線過敏症」のテストを受けることによって
調べることができるのですが、

症状が特に目に集中している場合には
眼科で検査をされる方がより適切な
治療を受けることができます。

眼科での治療では専用の目薬が処方されるので
使用方法については医師の指示に従いましょう。

スポンサードリンク

紫外線アレルギーは目薬で対処できる?

医師による治療以外にも
目薬で紫外線のアレルギーに対処できるかというと、

紫外線を防ぐという意味の
効果を持った目薬は今のところはありません。

しかし、紫外線を浴びたことによる
ダメージを緩和してくれる
効果を持った目薬ならあります。

それがいわいるUV目薬が当たります。

UV目薬は紫外線を
カットする効果はありませんが、

紫外線で傷ついた目を
ケアするのには適していますので

病院で治療を受ける程ではないけど、
目に少し痛みや違和感を感じる時には
使用されると良いでしょう。

では、どのような成分が
含まれている目薬を選べばよいのかというと

「硫酸亜鉛水和物」が含まれているものです。

「硫酸亜鉛水和物」は
紫外線による目の炎症を抑制し、

肌のシミへの原因となる
メラニン色素の生成も抑えてくれます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第2類医薬品】薬)武田薬品/バイシンUV 10ml
価格:578円(税込、送料別) (2017/5/10時点)

   
   

また、「クロルフェニラミンマレイン塩酸」も有効です。

これは目の炎症やかゆみの原因となる
ヒスタミンの働きを抑制してくれるので、

症状の中でも特にかゆみに悩ませれている方は、
この成分が含まれているかチェックしましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第2類医薬品】サンテ ボーティエ 12ml
価格:1458円(税込、送料別) (2017/5/11時点)

   
   
ただし、繰り返しになりますが、
これらの目薬はあくまで紫外線による

ダメージををケアしてくれるものであって
事前に紫外線を防いでくれるものではありませんので、

根本的な治療を受ける場合には
やはり病院で検査を受けることをお勧めします。

紫外線アレルギーの目の周りの対策は?

紫外線アレルギーは目そのものだけではなく、
当然目の周りの皮膚にも起こることなので
対策をしておく必要があります。

アレルギーの症状としては
かゆみや発疹のような軽いものから、

重い場合には水ぶくれや頭痛なども
ともなうこともありますので侮ってはいけません。

ただし、こちらは目と違って
サングラスや紫外線をカットするクリームやなどで

対処することが可能ですので、
事前に準備をしておくことでかなりの部分で防げます。

特にUVカット用のサングラスは、
目に入る紫外線もカットしてくれ

結果的に目への紫外線アレルギーの予防にもなるので
積極的に利用されるのが良いですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

日の光に含まれる紫外線による
アレルギーを防ぐことはなかなか難しく、

ましてやその症状が目に現れた場合には
対処や治療も簡単には行きません。

ですが、日頃から意識することで
その症状や発症を抑えることも可能なので、
できる限りその対策に気を配ってくださいね。

関連記事:日焼けで目のメラニン色素が茶色くなる?紫外線をコンタクトで防ぐには?

スポンサードリンク

-健康
-,