健康 生活

赤ちゃんの冬の寒さ対策をどうすればいい?

スポンサードリンク

赤ちゃんがいる家庭では、
寒い冬をどう過ごすか
悩むこともあるでしょう。

そこで今回は、赤ちゃんの冬の寒さ対策や
ケアについてお伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

赤ちゃんの冬の寒さ対策をどうすればいい?

寒くなるにつれ、インフルエンザや
感染症胃腸炎などが流行りやすくなります。

さらに今年は新型コロナウイルスの
感染拡大もあり、

どうしても部屋の中で過ごす
時間が長くなるでしょう。

でも、ずっと家の中にいると
母子しもにストレスがたまります。

人が多い場所は避けつつ、
気分転換に外出することも大切です。

お勧めは、転機の良い日中の散歩です。

風の音、太陽の光などは、
赤ちゃんにとっては
新鮮で脳の刺激になります。

昼間にこうした刺激を受けておくことが、
夜の快眠につながります。  

室内で過ごす場合は、
室温は20度くらいが目安です。

暖房を使うと乾燥して、
赤ちゃんの肌に良くありません。

加湿器やぬれはタオルなどを
活用して湿度を保ちましょう。

風邪を引かないようにと
厚着をさせてしまいがちですが、

あまり体をあまり動かさない
新生児期は大人より1枚多く、

寝返りなどをし始める生後3ヶ月以降は
1枚少なくて良いでしょう。

ベストなら手足を動かしやすく、
体温調節に向いています。

コロナ禍で出産に家族が
立ち会えなかったり、

子育てサークルなど親子が集う場が
制限されたりして、

孤独を感じている
お母さんも多いと思います。

自宅に引きこもらず、
幾度の悩みがあれば、

最寄りの保健センターや各都道府県の
助産師会などに連絡してみてください。

地域の子育て支援策や育児をサポートする
助産師らを紹介してくれるはずです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

くれぐれも、決して一人で
抱え込まないようにしてくださいね。

関連記事:赤ちゃんの肌荒れや乾燥はどうケアする?クリームや保湿剤はどう選ぶ?
     塩分中毒で赤ちゃんや子供が死亡する?その症状や一日の摂取量は?



-健康, 生活
-,