健康

花粉症は皮下免疫療法で完治できる?その効果と費用もご紹介

毎年春になると
花粉症で悩まされるので
嫌になるという方が
いらっしゃるかもしれせんが、

この花粉症を
完治させることができる治療法を
ご存知でしょうか?

それが皮下免疫療法です。

そこで今回は皮下免疫療法について
詳しくお伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

花粉症は皮下免疫療法で完治きる?

皮下免疫療法とは減感作療法の一種で

アレルギー症状を引き起こす
原因物質であるアレルゲンを

微量ですが体内に入れながら
その量を徐々に増やしていくことで

それに対する過剰な免疫反応を
抑制するという治療法です。

そもそも花粉症などのアレルギー症状は
本来、外敵である細菌やウイルスが
体内に侵入してきた時に
身体を防御するために働く免疫が、
勘違いをして過敏に反応するため
あらわれます。

そのため、本来は
外敵ではないアレルゲンを
徐々に投与していくことで
正常な反応にもどす治療ともいえます。

具体的な治療の流れ

まず、この治療を受けるには
その症状が本当にアレルギーに対する
反応によって起こっているのかを
確定させるために皮内テスト(パッチテスト)
血液検査を行ないます。

アレルギーの原因物質である抗原が特定されたら
そこから対象であるアレルゲン物質を
薄く希釈したエキスを少量注射していきます。

初回は副作用である
アナフィラキシーという
ショック症状が出る可能性もあるため
投与後は15分~30分は待合室で静かに待機し、
発作に対して直ちに対処できるようにします。

そこで問題がなければ
週に一度、少しずつ濃度と量を
調整しながら注射を続け
一定の濃度になったら期間を
2週間に一度~月に一度まで伸ばしていき
その濃度と量を保ったまま
継続させていきます。

治療の効果が出始めるのは
3ヶ月後あたりからで
その効果を持続させるためには
月一度の注射を最低でも
2年~3年以上続ける必要があります。

皮下免疫療法のメリットとデメリット

●メリット
・治療薬やステロイドなどの
 注射に比べると副作用が少なく、
 ハウスダストの皮下免疫療法も併用して行える。

・治療費には保険が適用され
 一度の治療費を安く抑えることができる。

・薬液の投与が専門医によって
 行われているため、安全性において信頼が高く
 ショック症状などの病変においても迅速に対応できる。

スポンサードリンク

●デメリット
・注射の量や濃度によって
 注射した部位が赤く腫れたり、
 全身の発赤や蕁麻疹、喘息などが
 副作用として起こる場合がある。

(その場合でも病院内で待機しているため
 適切な処置が行えるため重篤な危険性はない)

・治療期間が非常に長く、
 月に数回から一度の通院を
 2~3年継続する必要があり
 長い時には4~5年かかる場合もある。

・治療の効果が100%あるわけではなく、
 またその成否が事前にわからない。

・製剤がスギ花粉のみのため
 他の花粉の皮下免疫療法を行うことができない。

次の章ではその効果と
有効性についてお伝えはします。

花粉症の皮下免疫療法の効果は?

皮下免疫療法の効果と
有効性についてですが
2~3年で鼻づまりに対しては
40~50%、

くしゃみ・鼻水においては
70~80%症状が抑えられます。

そしてさらに4~5年間継続すると
80~90%の効果が認められます。

前の章の皮下免疫療法の
メリットでもお伝えしましたが

対症的な治療薬を
飲み続けるよりも副作用がなく、

かかる費用も抑えられるのも
大きな優位点の一つです。

そのかかる費用に関しては
次の章で詳しくお伝えします。

花粉症の皮下免疫療法の費用は?

完了するまで
長期間の通院が必要な
この皮下免疫療法ですから、
その治療にかかる費用も
大変気になるところだと思います。

前々章の治療の流れでも
お伝えしましたが、
実際にアレルゲン製剤の
エキスを投与する前に

皮内テスト(パッチテスト)や
血液検査を行なうため
初回の費用は高くなる傾向があり、

5000~10000円程度は掛かるため
保険が適用されるとはいえ、
心づもりしておいた方が良いでしょう。

次回からは投与する
エキスの量や濃度によって
1回で100~300円程度、

濃度を一定に保つ時期になれば
150~200円程度で治療を行えます。

仮に4~5年治療を継続させるとして
全部で20000円程度が必要になってきます。

それに加え、通院にかかる
交通費も考えると
トータルでは30000円
越えることになります。

これを高いとみるか
安いとみるかは
この記事を読まれている方に
おまかせいたします。

まとめ

皮下免疫治療は非常に
長期間の通院が必要なため

95%近い完治率であっても
迷われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

危険性においては
記事でお伝えしたようにほぼないので

根本的な治療を望まれるのであれば
ぜひご検討ください。

スポンサードリンク

-健康
-,