健康

赤ちゃんは猛暑でもお散歩させる?ベビーカーや抱っこ紐、服は何がいい?

暑い夏を快適に過ごすには、
エアコンの冷房の効いた部屋の中に
一日中いるのが一番ですが、

いくら猛暑日が続くといっても
赤ちゃんを四六時中、

そのような環境においておくのも
暑さとは別の意味で、
体調に悪影響を及ぼす気もしますよね?

そこで今回は、猛暑でも赤ちゃんに
お散歩させたほうがよいのか?

猛暑に赤ちゃんと出かけるなら
ベビーカーと抱っこ紐のどっちがいいか?

服はどんなものを着せてあげれば
良いのかについてお伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

赤ちゃんは猛暑でもお散歩させたほうがいい?

生まれたばかりの赤ちゃんは
まだ体温調節も未熟で
外気温の影響を受けやすく

抵抗力も低いため、後1ヶ月ぐらいは
無理にお散歩させる必要はありません。

しかし、生後3ヶ月から5ヶ月ともなると
外気浴(がいきよく)といって

赤ちゃんに太陽の光や気温の変化を
肌で感じさせることにより、

体内のカルシュウムの生成を促して
骨を発達させたり、朝と夜を認識して

生活のリズムが身についていくので
定期的な外出が必要になってきます。

また、ずっと室内ような変化のない空間にいると
イライラしたりぐずったりなど赤ちゃんの機嫌も
悪くなってしまいがちですが、

外にお散歩に行くことよってそれも解消され、
機嫌よく眠ってくれるようにもなります。

ただ、猛暑日に限らず真夏の野外というのは
日差しも強く、気温もかなり高いので

お散歩する時間には
十分気をつけなくてはいけません。

特に午前10時から午後15時というのは
一日の中で最もも日差しが強く
気温も上昇している時間なので
それを必ず避けるようにしましょう。

そうしないと、熱中症や
脱水症状を起こす危険性もあります。

ですので、赤ちゃんを連れてお散歩するなら

朝は午前の9時から10時まで、

昼は避けて、

夕方の16時から17時を目安にされてください。

お散歩する時間や頻度については、
毎日欠かさずお散歩されるというのであれば

30分程度で構いません。

逆に、2日から3日おきに行くのであれば

1時間ぐらいです。

ですが、猛暑の場合は
赤ちゃんの身体への影響も心配ですので
あまり時間や頻度にこだわりすぎず、

たとえ日にちが空いたとしても
無理にお散歩させようとせず、

長い場合でも1時間ぐらいには
帰宅するようにしてください。

そして、赤ちゃんの体調をちゃんと管理するためには
親であるあなたの健康を保つことも大切ですので、

赤ちゃんが昼寝をしたら、
あなたも一緒に寝る習慣をつけるのがよいでしょう。

どうしても赤ちゃんがおとなしく眠っている時ぐらい
家事や自分の用事を済ませておきたいところですが、

あまりなんでもこなそうとすると、
身体を壊して赤ちゃんの世話をすることも
できなくなってしまうので、

お散歩と同じように
あまりこだわり過ぎないようにしてくださいね。

猛暑に出かけるならベビーカーと抱っこ紐のどっちがいい?

では、いざ赤ちゃんを連れてお散歩に出かける時は
ベビーカーと抱っこ紐のどちらが良いのでしょう?

それぞれ一長一短がありますので
順にお伝えしてまいります。

ベビーカーの利点は何より
自分の身体で支えなくて良いので

肉体的にしんどくなく、
長い距離を移動するのが楽なところです。

ただ、真夏のアスファルトは照り返しが強く、
立ってベビーカーを押しているあなたよりも

赤ちゃんのほうがより暑さを感じてしまうので
もし、ベビーカーを使用されるのであれば

できるだけ日陰になっている場所を
選んでお散歩させましょう。

ベビーカー用の保冷剤もありますが、
冷凍庫から出したばかりの保冷剤は

逆に冷たすぎるので
タオルを巻いたりなどやや調節が面倒ではあります。

スポンサードリンク

抱っこ紐の場合は、身体に密着するため
赤ちゃんの安心感はありますが、

やはり真夏の昼間に長い距離を
移動するのは辛いところです。

ただ、接触部分の暑さについては
抱っこ紐にもベビーカーと同じく保冷剤があるので
その点については大丈夫です。

理想としては長い距離を移動するのであれば
ベビーカーを利用し、

家の近所で短時間に済ますのであれば
抱っこ紐を利用されるのが最適です。

また、ベビーカーで移動した後、
抱っこひもに持ち変えるというのも良いですね。

猛暑の場合の赤ちゃんの服は?

皮膚が赤く腫れたり、
日焼けする可能性もあります。

そのため、外出時には通気性の長袖や
長ズボンの方がよいでしよう。

また、午後の夕方に出られるのであれば
蚊などの虫に刺される危険性もあるので、

それを防ぐ意味でもできるだけ肌が
露出している服は控えたほうが良いですね。

そして、夕方のお散歩のついでに
スーパーへの買い物もされる方もいらっしゃるはずです。

その場合も、急に冷房のきいた店内に入ると
赤ちゃんの身体が冷えてしまうので
そうならないためにも半袖や半ズボンではなく、

長袖や長ズボンを選び、汗が冷えないよう
上着なども持参しておくようにましょう。

まとめ

暑さが厳しい季節というのは、
赤ちゃんの健康にも気を使いますが、

あまり、心配したり不安になりすぎるのも
赤ちゃんにそれが伝わってよくありません。

お散歩も赤ちゃんにとって必要ではありますが、
あまり完璧にしようとして疲労してしまっては

元も子もないので、適度に手を抜いたり
あなたの身体を休めることも忘れないで下さいね。

関連記事:赤ちゃんに冷房をつけた時の服装は?上着や肌着、布団はどんなもの?

スポンサードリンク

-健康
-,