料理 生活

家庭でのステーキの美味しい焼き方は?

スポンサードリンク

美味しいステーキをお家で食べようと、
奮発してせっかく高いお肉を購入したのに、

焼きすぎて火を通しすぎてしまったり、
逆に外は焦げているのに、

中は生のままだった
なんてことありますよね?

そこで今回は、
家庭でステーキを美味しく
ミディアムレアに焼く焼き方について
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

家庭でのステーキの美味しい焼き方は?

焼くからには失敗せずに成功させたいですよね。

料理は基本となる仕組みを理解し、
調理の一つ一つの根拠も踏まえたうえで、
それを応用することが大切です

肉料理の成否を握るのは火加減ですが、
焼き目を付けようと強火で一気に熱すると、

肉が急激に収縮し、
居場所を失った水分が出て縮みます。

そしてアクや臭みのもとが中に残り、
さらに収縮するとパサパサになってしまうので
あまり感覚で加熱しすぎてはいけません。

やわらかくジューシーに焼くためには、
肉の収縮が始まる45~55度の温度帯を
ゆっくりと通過させる加熱が大切です。

中でしっかり火が通り、
たんぱく質は徐々に、
うまみ成分であるアミノ酸に分解されます。

失敗しないおすすめの焼き方としては、
初めにじっくりと湯煎する方法です。

こうすることでだけでも
ミディアムレアに
仕上げることが可能です。

まず、ステーキ肉を
ポリ袋に入れて空気を抜きます。

水を張ったボウルに入れると、
水圧で空気が抜けやすくなりますよ。

抜けたら袋の口をしばって密閉し、
次に水を張った鍋に畳んだ

キッチンペーパーを沈め、
鍋肌が肉に接しないようにします。

肉を袋に入れ、火にかけたら温度を
確認しながらとろ火で加熱します。

複数枚を焼くときは、大きめの鍋を用意し、
肉は別々の袋に入れるようにしましょう。

水温が58度になったら、
温度を保ったまま20分ほど様子を見ます。

すると、ピンク混じりの灰色の液体が出てき、
これは、体液や血液、細胞が代謝した老廃物で
雑味のもととなります。

そうなったら肉を湯から取り出し、
出てきた液体をキレイな

キッチンペーパーで拭き取り、
塩を表裏に振ります。

分量は、液体が抜けた肉の重さの0.8%で
これは人間の体液に近い塩分濃度
で、
本能的に「おいしい」と感じます。

覚えておけば、「適量」や「少々」を、
感で計量しなくて済むようになります。

その後、油を引いて十分熱したフライパンで
肉の表面に焼き色を付けます。

裏返したら軽く火を通す程度で取り出し、
アルミホイルに包んで3~5分間置きます。

残りの余分な液体が抜けきったら出来上がりです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

調理工程としては一見
難しく思ってしまいますが、

科学的な理由を理解して行えば
初心者でも美味しく作れますので
がんばってくださいね。

アメリカでは肉を焼くのは
主に男性の仕事としてされていて、

米国食肉輸出連合会は、
「男子ステーキ部」という
キャンペーン活動を展開しており、

米国産牛肉の調理風景などを撮影して、
Instagramに所定のハッシュタグを付けて
投稿することで部員になれますので

もし、ご興味があるのであれば
投稿してみてはいかがでしょうか?

関連記事:肉が硬くなる原因や理由、柔らかく焼くには?



スポンサードリンク

-料理, 生活
-,