保険 生活

自営業やフリーランスが年金を増やす方法は?

スポンサードリンク

自営業やフリーランスなど
国民年金(基礎年金)の加入者は、

厚生年金に加入する会社員に比べて
年金額が少なくなりがちです。

そこで今回は、自営業やフリーランス
が年金を増やせる仕組みについて
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

自営業やフリーランスが年金を増やす方法は?

国民年金のみの場合であれば、
65歳以降の受給額は、

保険料を40年間納めた
「満額」でも月約6万5000円ですが、

少額のためもらえる金額を
増やせる仕組みがあります。

まずは「付加年金」です。

国民年金保険料は(2019年度は月1万6410円)に
月400万円を上乗せして納めれば、

65歳以降に毎年、
「200円×上乗せして納めた月数」分だけ増えます。

例えば、月400円ずつ20年間、
付加年金の保険料を上乗せして納めた場合、

65歳以降の年金額は
年4万8000円(月4000円)増えます。

支払った付加年金の保険料は
総額9万6000円ですから、
2年間受け取れば元が取れる計算です。

基礎年金と同様に、
支給は生きている限り続くため、
長生きするほどお得です。

加入後、途中でやめることもでき、
1ヶ月でも納めれば、

その分は65歳からの受給額に反映されます。

加入手続きは、住んでいる
市区町村の窓口で行います。

年金額をもっと増やしたい人には、
付加年金ではなく、

「国民年金」に加入する方法があります。

将来受け取りたい年金額に応じて、
毎月の掛け金を支払います。

例えば、40歳の男性が誕生月に加入して、
60歳まで月5110円の
掛け金を支払うプランでは、

65歳から、国民年金に上乗せして
月3万円受け取れます。

60歳から受給できたり、
受給前や、受け取り始めてから

一定期間内に加入者が死亡した場合に、
遺族へ一時金が支払われたりする
プランもあります。

掛け金は加入時の年齢や
性別でも異なります。

掛け金は税制上の優遇措置があり、
所得税や住民税が軽減されることも
大きなメリットです。

ただし、毎月の掛け金は上限が
6万8000円と定められています。

●自営業などの人が年金額を増やせる仕組み
付加年金        国民年金
例:月400円(定額)を  例:40歳男性が加入して、
20年間納めると...    月2万5110円を20年間納めると...
月4000円増       月3万円増
   ↓        ↓
  同時加入はできない
国民年金(老齢年金基礎年金)
40年金加入の満額で
月約6万5000円

まとめ

いかがだったでしょうか?

加入の手続きなどは、
全国国民基金か、弁護士など
特定の業種の人が入れる

三つの職能型国民年金基金が
窓口になっていますので、
気になった方は相談してみてくださいね。

関連記事:自営業で年金を増やすには?
     国民年金の種類とは?被保険者や自営業は?



-保険, 生活
-,