冠婚葬祭

遺影写真の撮り方やポイントは?

スポンサードリンク

葬儀で使う遺影を生前に
準備する人が増えています。

自分人で気に入った写真を
選べるのが利点です。

メイクをしたうえで
撮影してくれる写真館もあり、
気軽に納得の一枚を残すこともできます。

そこで今回は遺影写真の撮り方や
ポイントについてお伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

遺影写真の撮り方やポイントは?

就活の一般化や個性的な葬儀の増加で、
生前に遺影を準備する人は増えています。

「縁起でもない」という
イメージはほとんどなく、
 
納得できる写真を残しておこう
という人が多くいます。

家族や親戚に撮影してもらう場合は、
引き伸ばして使えるように、
顔が鮮明に大きく写るようにしましょう。

笑っていてもすましていてもよく、
残された人たちが穏やかな気持で
偲べるような表情がベストです。

写真を選ぶ際は家族や
友人の意見も参考にしたいところです。

撮影をプロのカメラマンに
頼む方法もあります。

ヘアセットやメイク、
画像加工などをセットにした
撮影プランを用意しているところもあります。

葬儀会社が就活イベントの際に
開く撮影会を利用する方法もあります。

就活のなかでも、遺影の生前撮影は
比較的心理的な負担が軽く、
楽しく取り組めます。

思い出づくりのような気持ちで、
正月や誕生日に合わせ、

撮影を毎年1回の定例行事に
してみるのもおすすめです。

どのような点に注意すれば
いい写真が撮れるでしょうか?

姿勢が大切なので、カメラの前では
背筋をピント伸ばしましょう。

カメラに向かって体を少し斜めに傾けると、
体が少し細く写ります。

あごを引きすぎると下ぶくれのように
見えることもあるので気をつけましょう。

メイクは年齢相応の
ナチュラルメイクがよく、

遺影で大切なのは、
その人らしさを感じられることです。

よそ行きのきれいな顔を
作り込む必要はありません。

遺影はいつ必要になるかわからないため、
季節感のない服装が無難です。

ブラウスなどを着て襟元を少し開けると、
顔を小さく見せられます。

遺影場所屋内でも屋外でもいいですが、
背景にすると乱雑に見えたり、

髪の毛の色と同化したりするような
場所は避けます。

笑顔にしようと意識しすぎると、
かえって表情がこわばることがあるため、

カメラマンと会話しながら
撮ってもらったほうが
いい表情になりやすいです。

   
●いい遺影を撮るポイント
・背筋を伸ばし、あごを引きすぎない
・費用上は自由。自分らしさが伝わるように
・服装は季節感のないものを。
 襟元を少し開けると顔が小さく見える
・写真選びは家族や友人の意見も参考に
・正月や誕生日などに合わせて、
 撮影を年に1かいの恒例行事に

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

親戚の葬儀に参列した際に、
生前に見たことのないような

硬い表情の遺影が飾られていて、
複雑な思いになった経験が
一度はあると思います。

撮影時には家族や友人にも来てもらった方が、
気分も表情も明るくなってよいですよ。

関連記事:葬式の費用はいくらでどれくらいかかる?見積もりの注意点や整理業者は?
    墓じまいの手続きや流れ、改葬の費用の目安は?


-冠婚葬祭
-