ショッピング 生活

子供の自転車の練習にはストライダーがいい?選び方や練習方法は?

スポンサードリンク

子供が自転車に乗れるように
するための練習は大変ですが、

最近ではペダルがなく、
両足で地面を蹴って進むタイプの
子供用二輪車であるストライダーが人気です。

慣れると意外とスピードが出るため、
安全には十分注意したいところです。

そこで今回は自転車に乗せる前の
トレーニングして乗せることが多い
ストライダーの選び方や練習方法について
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

子供の自転車の練習はストライダーがいい?その選び方は?

ペダルなし二輪車は、
主に2~5歳児向けに

開発された乗り物で、
見た目はほぼ自転車と同じです。

2009年にアメリカの
「ストライダー」という製品が
輸入されたのをきっかけに
人気が高まりました。

ストライダーは重さ約3キロと軽量で
足で地面を蹴って進み、

足を踏ん張って原則、停止します。

そのため、二輪車特有の
バランス感覚が身につきます。

三輪車や補助輪付きの自転車は
車体が自立しており、
腕でハンドルを切って曲がります。

これに対して、ストライダーは
自転車のように体重移動で

車体を傾けて曲がるので、
バランスを取りながら
運転するコツを覚えられます。

ペダルなし二輪車は、
様々なメーカーが商品化しており、
金額としては1万~2万円程度で購入できます。

中には、ブレーキ付きのものや、
ペダルなどを後から取り付けて
自転車として使えるものもあります。

選び方については、
インターネット通販でも
販売されていますが、

自転車店などで現物を見て、
大きさや機能を比較しながら
選ぶことが大切です。

「自転車安全整備士」がいるお店なら
安心して点検や整備も任せられ、

販売している製品の安全性も
高いと判断できますよ。

ストライダーの練習方法は?

では、実際購入したら
どうすれば良いのでしょうか?

購入したらまず、子供の慎重に合わせ
シートとハンドルの高さに調整します。

シートは座った時に足の裏が地面につき、
その際に膝が軽く曲がるぐらいにし、

ハンドルは座った時の胸の高さぐらいに
それぞれ固定します。

頭部のケガを防ぐため
乗せる時は必ずヘルメットをかぶらせ、

肘や膝用のプロテクターや
手袋を着けるとより安全です。

靴も紐のない運動靴を履かせるようにし、
脱げやすいサンダル類は避けしょう。

ペダルなし二輪車は遊具のため、
公道を走ることは道路交通法で
禁止されていますので、

練習を行う場合は、大きな公園や
河川敷などの広い場所でしましょう。

転んでもケガをしにくい
芝生などもお勧めです。

子供を走らせる際には、
他の人や物、柵などにぶつからないよう、

保護者は決して目を離さないでください、

急な坂道を下ると、
自転車並の速度が出ることもあるので
十分に注意しましょう。

ブレーキないペダルなし二輪車から
子供用自転車に乗り換える際は、
ブレーキをかける訓練が必要になりますので、

乗り換える前に、ブレーキのある
補助輪付き自転車に並行して
乗せてみてもよいでしょう。

子供用自転車のペダルを外し、
足で蹴って進ませながら
ブレーキを練習させてもいいですね!

まとめ

いかがだったでしょうか?

乗り物に乗ってバランスを取るのは
子供によって得意な子と不得意な子がいますので、

もし、お子さんが不得意な場合には
今回お伝えしたストライダーを
使用されてみてはいかかでしょうか?

関連記事:自転車の子供のぶつかる事故を防ぐには?ヘルメットを嫌がる場合と道路交通法に適したポイントは?



スポンサードリンク

-ショッピング, 生活
-,