生活

服のリフォームのアイデアやおすすめのポイントは?古着をどう活用する?

スポンサードリンク

年齢とともに体形が変わったり、
着脱がしにくなったりしてお気に入りの服が
着られなくなることがあったりしますよね?

そんな時はリフォーム(仕立直し)して
快適におしゃれを楽しんではどうでしょう?

そこで今回は、服のリフォームのポイントや
おすすめについてお伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

服のリフォームのポイントやおすすめは?

体形が変化し、
サイズが入らなくなったら

スカートやスボンは、
ウエストを広げましょう。

ダーツが入ったスカートや
スボンなら、1本のダーツで
2センチほど幅を広げられます。

ウェストを一部でもゴムにすると、
着心地も脱ぎ着も楽になります。

ウエストが入らなくなった
お出かけ着のワンピースを、
スカートにリフォームするのもおすすめです。

ウエスト位置を下げて仕立て直し、
スカートのウエストを大きくできます。

スカートやコートの裾上げは
転倒などの防止にもなります。

スカートやコートの丈が長いと
階段やエスカレートで足元が見えづらく、
年齢によっては危険を感じる方も多いでしょう。

そのため、膝が隠れる程度に
裾上げするのがポイントです。

また、手先が動かしにくくなる場合には、
ワイシャツやブラウスの第一ボタンを、

押しあわせてパチンと留める
スナップボタンや面ファスナー
(マジックテープ)にすると良いですね。

年齢を重ねると腕が背中に回りにくくなり、
ワンピースの背中についたファスナーの
上げ下ろしが難しくなったりしますよね。

そのような時には、ファスナーのつまみに
穴が空いているタイプはリボンを結んだり、

リングを取り付けたりすると楽になりますよ。

費用や手間がかかっても良い場合は、
つまみの大きいファスナーへ
付け替えても良いでしょう。

古着のリフォームのアイディアは?

アクセサリーもリフォーム次第で
使い勝手を良くすることも可能です。

例えば、パールのネックレスなどは
簡単に留め外しができる
留め具などに付け替えられます。

昔の服も、肩パットを外して、
丈を短くするなど今の流行の形に直せます。

着用頻度が高く、袖口に破れや
痛みが出た場合は、

布を裏からミシンで刺して
補強する方法もあります。

●古着におすすめのリフォーム例
・スカートやスボンのウェストをゴムにする

・スカートなどの丈をつ詰めると足さばきがよくなる

・ワンピースやズボンのファスナーのつまみに、
 輪やリボンを取り付け、上げ下げしやすくする

・革靴に、布を巻つけたシューキーパーを入れて、
 皮を伸ばし幅を広げる

洋服のお直し専門店
「ママのリフォーム」では、

毛皮の服をストールしたり、
革の靴底をゴムにして

滑りにくくしたりする
リフォームにも対応しています。

洋服のリフォームを行う
「ビッグ・ママ」では、

リフォーム価格を
スカートやスボンのウエスト直し 3456円~
ゴム付け 1080円~
スカート丈詰め 2160円~

と、比較的安価なだけではなく
見積もりも無料なので
気軽に相談してみてもよいでしょう。

シニアになると適度に
ゆとりがある服が着たくなったり、

サイズが合わないけど愛着のある服を、
着たいものですよね。

そんな時は、着心地も見た目もよく
リフォームすることで、

おしゃれして外出することにも
つながって心も体も若くいられますよ!

まとめ

シニア世代だとものを
大事にする人が多く、

若い頃に購入した高級素材の服を
状態のよいまま保管している方も
多くいらっしゃるのではないでしょうか?

洋裁が得意な人は
自分でお直しするのも良いですが、

それができない方はご紹介したような
お店に依頼するのが良いですね。

直し方によって高額になる場合もあり、
店で見積もりをとってもらい、

価格を確認した上で依頼してくださいね。

関連記事:衣服の縮みの原因は?衣服の縮みを直すにはどうすればいい?


スポンサードリンク

-生活
-