健康 生活

幼児の水分補給にスポーツドリンクを飲ませると虫歯になる?

暑い日が続くと、
小さな子どもの水分補給を目的に、

スポーツドリンクやイオン飲料を与えている
親御さんも多いと思います。

ただ、飲み方によっては
虫歯を引き起こす恐れもあります。

そこで今回はスポーツドリンクなどの
イオン飲料が幼児の歯に与える
影響についてお伝えしてまります。

スポンサードリンク
  

幼児の水分補給にスポーツドリンクを飲ませると虫歯になる?

虫歯のある子供は近年確実に
減少していますが、

一方で本来なりにくいはずの前歯などに
虫歯ができるケースが増えています。

原因の一つして、イオン飲料の
飲み方が考えられます。

スポーツドリンクや経口補水液などの
イオン飲料は体に吸収されやすく、
疲労回復などに効果があるとされています。

子供が下痢や嘔吐をした際に
医師や友人に勧められて飲ませるようになって、
良いイメージを抱く保護者も多いでしょう。

ただ、イオン飲料には塩分やカリウム、
糖分が含まれています。

そのため普通に食事が取れている状態で
たくさん飲むとかえって喉が渇いて、
飲み過ぎてしまいます。

また、口の中の水素イオン指数(ph)が
5.4以下になると、歯のエナメル質が溶けて
虫歯になりやすい状態になります。

スポンサードリンク

虫歯予防の観点からいうと、

「赤ちゃんに哺乳瓶で就寝時に与える」
「ペットボトルで持ち歩いて1日に何回も飲ませる」

といった習慣は避けるようにしましょう。

ジュースなどでも同様で、飲む際には
長時間だらだら飲ませないようにしましょう。

飲んだ後は水やお茶を飲んで口の中に残った
糖分などを流すようにしてください。

特に寝る前に飲むのは注意が必要です。

唾液には虫歯を押さえる働きがありますが、
寝ている間はほとんど出ないからです。

就寝前は乳幼児は保護者が
ガーゼで歯を拭き、

幼児以降はしっかり歯磨きを
するようにしてくださいね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

熱中症を恐れるあまり、
ついスポーツドリンクなどの

イオン水を与えてしまいがちですが、
お伝えしたように水分補給は水やお茶を
メインにするようにするのが良いでしょう。

もし、与える場合にも飲み方に注意して、
虫歯から子供の歯を守ってくださいね。

関連記事:幼児の睡眠時間は短いとだめ?理想や意味は?見直し方とお昼寝の必要性
     赤ちゃんや幼児が仕上げ磨きを嫌がる時は?順番や歯ブラシの選び方 1歳 2歳 3歳


スポンサードリンク

-健康, 生活
-,