生活

引っ越しの荷造りのコツやポイント、引っ越し後に気をつけることや片付けのコツは?

引っ越しの際に欠かせないのが、
新居に持ち込む物の荷造りですよね。

そこで今回は、荷造りのコツやポイント、
引越し後に気をつけることや

片づけのコツについて
お伝えしてまいります。

  

引っ越しの荷造りのコツやポイントは?

荷物を減らしたいのに
「いつか使うかも」と、

なかなか手放せない人も
いるかもしれませんが、

ですが、引っ越しの荷物が多いと、
片づけに手間と時間がかかって、
新居のスペースも圧迫されています。

そのため、思い切って
お気に入りの物だけを厳選しましょう。

荷物が少なくなれば、
引っ越し代も安く済みます。

●持ち物の全体量を把握
持ち物は全体量を把握することが大切です。

まずは、荷物はを
1.好きで使う
2.好きだが使わない
3.好きではないが使う
4.好きではないし使わない

の4つ分類します。

1.は新居へ持っていき、
4.は手放します。

2.と3.は新居での
生活スタイルに合わせて、

買い替えも視野に入れて、
手放すか、持ち越すかを判断しましょう。

●荷物の減らし方
好きで使う◯ →新居へ
好きだが使わない →手放すか持ち越すか検討
好きではないが使う →手放すか持ち越すか検討
好きではないし使わない →手放す

不用品の処分には
リサイクルショップ活用しましょう。

フリーマーケットアプリでも
販売できますが、

買い手がつくまでに
日数がかかることがあり、
時間がない場合には不向きです。

●新居の収納を決めておく
次に決め手になるのが
新居の収納計画です。

家の中で持ち物をどこに
片付けるかの「住所」を決めて、

使ったものをその都度、
元に戻せば部屋は散らかりません。

収納した空間が快適であれば、
片付けようという意欲も高まるはずです。

計画を立てるには、
間取り図と付箋を用意します。

生活の動線を考えて、
どの部屋で誰が何をするかを
洗い出しましょう。

例えば、
「身支度をするのは洗面所か寝室か」
「子供の勉強場所は自室かリビングか」
など、
具体的に考えましょう。

その上で、着替えや化粧品、
学用品など、その部屋に何を収納すると

使い勝手が良いかを付箋を貼りながら
考えていきましょう。

朝起きてから外出までの動きを想定しながら、
考えるのも効果的です。

着替えをする寝室には下着や洋服を、
カバンは寝室のドアそば、

鍵は忘れないよう玄関の
内側に取り付けたフックに、
といった要領です。

●荷造りは順序が大事
荷造りでは、日々の暮らしで
よく使うものを早くから箱詰めしてしまうと、

引っ越しまでに何度も箱から
取り戻すはめになってしまいます。

使用頻度の低いものから箱に詰めて、
片付けておくのがコツです。

書籍やCDなどの
趣味のものから手を着けて、

季節外れの衣類、日用品、
食器といった順番が理想的です。

洗面用具や布団など、
引っ越し当日まで使うものは
最後にしましょう。

段ボール箱には中身だけでなく、
新居での収納場所も記しておいて、

運んでもらえば、
荷解きの時短にもつながります。

スポンサードリンク

 

引っ越し後に気をつけることや片付けのコツは?

引越し当日は、家具や
荷物の置き場所を記した

間取り図を新居の玄関に
張り出していきましょう。

例えば「衣装ケースは2回洋室のクローゼット」
などと具体的に示しておけば、

引っ越し業者のスタッフも
スムーズに搬入作業進められます。

自分たちで大きな家具を
移動させる必要がなく、

収納計画であるあらかじめ
決めた部屋に段ボールを運び込めば、
その場で荷解きできて作業が楽になります。

荷造りの時とは逆に、
洗面用具や布団など、

その日のうちに使うものから
荷解きをしましょう。

テレビやエアコンの
リモコンと取扱説明書は
初期設定時に必要になるので、

取り出しやすいように
まとめておくと便利です。

●凹凸をなくす
新居では、こまめに掃除して
部屋をきれいに維持したいところですが、

引っ越し前から物を収める場所などを
考えておくことが有効です。

それには凹凸をなくすことで、
掃除がぐんと楽になります。

例えば、リビングの床に
できる限り物を置かないようにすれば、
掃除機をかけやすいです。

キッチンでは調理器具や
調味料をシンク下の収納部に片付けて、

コンロの上やカウンターを
すっきりさせましょう。

洗面台の周りも、化粧品歯ブラシを
鏡の裏側の棚などにしましょう。

表に何も出ていなければ、
拭き掃除が簡単です。

「見せない収納」にこだわるあまり、
どこに何があるかわからなくては、
かえって不便ですよね。

収納部を開けた時に物が
置くまで見えるようにします。

あれがない、これがないと、片付けた場所を
よく忘れてしまう人にはお勧めです。

●気持ちも整理
急な転勤や思いがけない
家族の事象などで、

引っ越しを余儀なくされることも
あるかもしれませんが、

意に沿わない場合は気が重くなり、
荷造りや手続きなどの準備が
進まなくなりがちです。

そんな時にお勧めなのが、
ノートにもやもやした気持ちを
書き出す方法です。

同時に、「自然がある」
「子育て環境が整っている」など

新天地のいい点や、
今やるべきことも淡々と書いていくと
気持ちを整理することができます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

荷物を詰めて移動させるだけが
引っ越しではないので、

自分の気持を整理して、
新たな暮らし方をデザインする
機会と考えて臨んでくださいね。

関連記事:引き出し収納の整理整頓のコツは?
     作業効率を改善させる整理整頓の方法は?



-生活
-