生活

新型コロナウイルス対策のデザイナーが手がけるマスクは?

スポンサードリンク

新型コロナウイルス感染症対策として、
ファッション、

デザイナー関連のブランドや企業が、
布製マスクの生産を始めていたり、

美しい生地や装飾が特徴で、
縫い方や作り方を発信する動きもあります。

そこで今回は、新型コロナウイルス対策で
デザイナーが手がけるマスクについて
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

新型コロナウイルス対策のデザイナーが手がけるマスクは?

外出自粛生活が長引く中、
デザイナーらが手掛けるマスクは、
気分が明るくなるなどと人気を集めています。

自社の通販サイトで販売するブランドも多く、
東京を拠点とする服飾ブランド

「SOMARTA」は、ニットの編み機で作った
生地でマスクを生産しており、

顔の形状にあわせて、
マスクの上下どちらを上にしても
使えるデザインです。

縫製は、新型コロナの影響で
仕事が減った職人に依頼しており、

医療従事者のマスク不足が報道される中、
一般の人が布製を使えば、

その分医療の方に回せるので、
服飾産業に携わる者として
なにか力になりたい考えて取り組んだそうです。

「Hirocoledge」も、
定番商品の手ぬぐいを使った
マスクを製作しています。

鮮やかな染色の柄が特徴で、
使い捨てマスクの鼻の部分にある
針金を取り出して挿入できる構造になっています。

知人の保育士のマスク不足に
答える形でデザインし、
製品化しました。

ファッションブランドの「TENBO」は、
子供用、大人用のマスクの型紙と
縫い方をホームページで公開しています。

福祉施設や介護事業所などへマスクの型紙と
縫い方をホームページで公開しています。

福祉施設や介護自供書など
マスクを寄付したところ、
大きな反響があったためです。

縫製技術を持つ人は多いので、
自宅で作って身近な人に
届けてもらうこと意図しています。

2020年東京五輪・パラリンピックの
聖火トーチをデザインした
デザイナー吉岡徳仁さんは、

顔への飛沫を防ぐ
「フェースシールド」を提案しています。

クリアファイルなどの
透明なシートとメガネを使っています。

ホームページに型紙や
作り方の動画を掲載して、

できるだけ簡単に作れる用に
考えたということです。

こうした服飾ブランドなどの取り組みには、
デザインの力で暮らしや人々の気持ちを

前向きにしたいという思いが感じられて、
家族や知人へのプレゼントとしての需要もあり、

今後の注目ファッションアイテムとなることも
予想されています。

 
●デザイナーが手がけるマスクの例
ブランド名    特徴        価格・販売方法
ソマルタ   ニットの編地を使用 税抜3900円。通販「seenowtokyo」で販売
       

ヒロコレッジ 手ぬぐいを使用した 大・税抜1400円、小・同1200円。
       プリーツマスク   自社サイトで順次販売

テンボ    オリジナル生地を  税抜660円。自社通販サイトで販売
       使い、大人用、
       子供用がある

ケイタマルヤマ 動物や花柄などの  税抜2000円。自社通販サイトで販売
        麻布とカーぜを使用

アンリアレイジ 服に使った端切れを 税抜5000円。自社サイトで9日から販売
        パッチワーク    販売金額の3割を医療機関に寄付

ジョンブル  綿素材などの2枚と  税抜2100円。自社通販サイトで
       マルクケース     予約販売

まとめ

いかがだったでしょうか?

布製マスクは、洗って繰り返し使用できますが、
ウイルスを100%遮断することはできません。

そのため感染予防の効果は限定的ですが、
感染者がせきやくしゃみで

周囲にウイルスをまき散らすのを
防ぐことは期待できますので、

気分転換するためにも利用してみては
いかがでしょうか?

関連記事:マスクはウイルス対策に効果がある?その仕組と選び方は?
     新型コロナ対策による手洗いやマスク着用で肌荒れした場合はどうする?



-生活
-