ショッピング 生活

夏の電気代を節約、節電する方法は?

スポンサードリンク

記録的な猛暑が日本列島を襲っています。

世界的な燃料費の高騰もあって
電気料金は値上がりし、
家計のやりくりは大変です。

9月以降も暑さは続くとの予想もあり、
ちょっとした工夫で
節電効果を高めることが大切です。

そこで今回は、夏の電気代の節約や
節電する方法についてお伝えしてまります。

スポンサードリンク
  

夏の電気代を節約、節電する方法は?

高性能のエアコンは、
センサーや気流制御で、

設定温度や風量を自動で調節したり、
必要な場所だけを
冷やしたりすることができます。

ダイキン工業などは、
効率を上げるために、

フィルターを自動で
清掃する機能もあります。

家族が集まるリビング用に
購入する例が多いということです。

エアコン商戦は例年、
梅雨が明けると本格化します。

今年は早くから気温が
上昇したこともあり、
6月下旬にはスタートしました。

「電気代を耐えられるのはどのモデルか」
といった問合わせが相次いでいます。

経済産業省はホームページで、
家庭における家電別の
電気使用割合を公表しています。

夏の午後7時頃だと、
エアコンが38%、照明が15%、
冷蔵庫が12%を占めています。
 
エアコンを消すわけにもいかず、
他の家電で省エネするには
どうすればよいのでしょうか?

冷蔵庫は庫内温度が上がる扉の
開け閉めを減らすようにしたいですね。

日立製作所のモデルは、
庫内を撮影するカメラを設置し、
スマートフォンのアプリで確認できます。
  

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[R-HXCC54S-X] HXCCタイプ 日立 冷蔵庫 両開きタイプ 540L...
価格:321482円(税込、送料別) (2022/8/15時点)

スポンサードリンク

     

足りない物がないか、
扉を確認する時間を減らすだけで、
効率は上がります。

照明は、白熱電球や
蛍光ランプを使っている場合は、

寿命が長い発行ダイオード(LED)ランプに
取り換えるのが有効です。

パナソニックの洗濯乾燥機には、
人工知能(AI)を搭載したモデルもあります。

衣類の利用が少ない、
乾きやすい衣類が多いといったことを
検知して時間を短くします。

省エネ家電は購入費はかさみますが、
高額な機器を購入した時に、
別の買い物ができるポイントを
付与する自治体もあります。

●節約・節電するためのアイデア
エアコン
快適な温度にプラス1度。
冷やしたおしぼりを使えば、
涼しく感じ、温度設定を弱くできる

冷蔵庫
室内でも水筒やタンブラーを持ち歩いて、
開閉を減らす

風呂
家族で続けて入り、追いだきをしない。
冷感効果のある入浴剤の活用

無理せずできる電気代を
抑えるコツとしては、

エアコンは、快適と思える
設定温度に1プラスしましょう。

扇風機と併用すれば、一層快適です。

おしぼりを冷蔵庫で常に冷やしておき、
外から帰ったら、

すぐに顔を冷やせば、部屋の温度を
急激に冷やさなくても大丈夫です。

好みの飲み物は、冷蔵庫から
水筒に移してみるのもよいですね。

そうすることで扉を
開け閉めする回数を減らせます。

家族構成もあって生活スタイルは
それぞれの家庭で異なります。

どんなことができるのか、
よく話し合って、

無理のない方法を探ってみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

省エネ家電は長く使うことで、
電気代をかなり節約てきますので、

ご紹介したような自治体の
補助制度も活用してくださいね。

関連記事:ai搭載エアコンの機能や価格は?うるさらと霧ヶ峰
     電気料金を抑える方法や電気料金を節約する家電の使い方は?




-ショッピング, 生活
-,