生活

家じまいの問題をどう解決する、その手順は?

スポンサードリンク

持ち家も築30年を超えると、
水回や床下などの老朽化が進み

このまま住み続けて
良いものか悩みますよね。

そこで今回は、
家じまいの問題をどう解決すればよいのか、
その手順についてお伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

家じまいの問題をどう解決する、その手順は?

家じまいでは老後の生活を中心に、
想像なども考慮することが必要になります。

専門家に相談して客観的な視点を持って、
方向性を見出しておくことが大切です。

自宅を所有する親が認知症になって
処分の意思が確認できなかったり、

相続人の間でトラブルになったりして、
処分が進まないケースも多いです。

家じまいに関わる問題は、
自宅の売却や引っ越し先選び、
相続など多岐にわたります。

高齢者のベストな住まいは、
健康状態や介護の必要性、

予算、住みたい地域などによって千差万別です。

認知症になった時のリスクに備えて、
元気なうちに、先々のことを考えて

早めに家族と話し合い、
合意しておくことが大切です。

エンディングノートを使って、
持ち家などの財産を誰が
どう相続するかを書き残したり、

家財道具を整理したりしながら、
次の住まいに移る心構えをしておくと安心です。

自宅や土地の権利書や
印鑑証明書の置き場所を
家族と確認しておくといいでしょう。

高齢者施設などに入居する際、
「持ち家を手放したくない」
という相談も受けます。

売却した時の税の控除や相続、
空き家にした場合の管理の問題なども含めて、
メリットとデメリットを
よく考える必要があります。

スポンサードリンク

安心できる老後の住まいを確保するため、
役所の就活セミナーや
地域包括支援センターなどで情報収集して、

継続的に助言してくれる
専門家に相談してみてください。

家をどう処分してもらうのか
意思を明確にして、

エンディングノートなどで
相続人に伝えておくとよいでしょう。

●家じまいの選択肢は様々
持ち家や賃貸
   ↓
高齢者施設など、
賃貸、
リフォームや建て替え

●元気なうちに言えじまいの準備
・家族で話し合う
・エンディングノートに記す
 自宅をどうするか
 誰が何を相続するか
・専門家に相談する
 施設の紹介
 自宅の売却
 相続の準備
 認知症の備え

まとめ

いかかだったでしょうか?

今後自分の健康状態がどうなるか
わからないからこそ、

不動産の処分など将来の希望を
早めに共有しておくことが大切ですね。

●あらかじめ、相続人に意思表示
●予算や健康状態などを考えて、
 早めに情報収集し、専門家に相談

関連記事:高齢者の住まいの種類や選び方、課題や注意点は?
     シニアが住み替えで失敗しないために注意することは?



-生活
-