生活

公衆浴場や銭湯で子供は何歳まで入浴できる、その年齢制限は?

スポンサードリンク

銭湯や温泉施設などで、
7歳以上は混浴が
できなくなる動きが広がっています。

子供の発育状況などを考慮した
国の通知に従ったものです。

4月から制限を始めた施設もあり、
大型連休中に温泉施設などを訪れる際は
確認したいところです。

そこで今回は、
公衆浴場や銭湯で子供は
何歳まで入浴できるのか、

その年齢制限いくつからなのかについて
お伝えしてまいります。
 

スポンサードリンク
  

公衆浴場や銭湯で子供は何歳まで入浴できる、その年齢制限は?

公衆浴場法では、
都道府県などの自治体が公衆浴場の衛生、
風紀に関する基準を条例で定めるとしています。

法律を所管する厚生労働省は、
子供や事業者への調査をもとに

混浴制限年齢の目安を2020年12月に変更し、
これまでの10歳以上から
「7歳以上」とする通知を出しました。

これを受けて、都は改正条例を
2022年1月1日に施行しました。

都内の銭湯473箇所が加盟する
都公衆浴場業生活衛生同業組合(浴場組合)は
同日から年齢引き上げを実施しました。

一般財団法人
「地方自治研究機構」によると、
47都道府県や中核都市など
約150自体の混浴制限年齢は、

2021年1月1日時点では
「10歳以上」が100と最多でしたが、

1年後には「7歳上」と
条例で定めた自治体が64で、
最多となりました。

年齢に加えて、独自のルールを
設けている施設もあります。

大阪市の温泉施設「空庭温泉」では、
7歳以上または慎重120センチ以上の
子供は混浴できません。

混浴可能な年齢でも
発育の進んだ子供がいるため、

周囲の人が戸惑うことが
ないように配慮したということです。

年齢引き下げは
子供を守ることにもなります。

女湯の男の子も女性にじろじろ見られて
怖い思いをするかもしれませんし、

スポンサードリンク

あざけて「おっぱい」
「ちんちん」ということもありますのて、

自分も周りも嫌な思いを
しないようにしたいものです。

 
子供だけで入浴させる際は、
マナーや注意点を事前に
教えておきたいところです。

都浴場組合では
「体を洗ってから湯船に入れないで」と
呼びかけています。

脱衣所でスマートフォンを
操作するのは厳禁です。

タオルを絞る練習も必要です。

タオルを体で拭いてから
脱衣所に戻るのがマナーだからです。

挨拶すると顔を覚えてもらいやすく、
常連になると顔見知りにもなり
防犯にもなります。

水着を着ると隠れる部分は
「プライベートゾーン」は簡単に
見せたり触らせたりしてはいけません。

相手が大人でも嫌なことが
あったら嫌と声に出して、

その場から逃げて
助けを求めるように伝えましょう。

●子供に教えたい公衆浴場マナー
・脱衣所や浴場でスマホを使わない
・ロッカーのカギ、タオルを持って浴場へ
・浴場では走らない
・湯船につかる前に体を洗い、
 湯船にタオルを入れない
・脱衣所に戻る前に浴場で
 タオルを絞って体を拭く
・困ったら受付へ 

まとめ

いかがだったでしょうか?

子供の混浴には性別に関係なく
慎重にになってください。

混浴を選ぶ場合でも
一緒に入る大人は子供から目を
離さないように心がけましょう。

関連記事:幼児期における性教育のポイントは?
     ウクライナ情勢を子供たちにどう話せばいい?



-生活
-