健康 生活

家庭で食中毒を防止する3つの方法 冷蔵庫、自然解凍、保存容器

スポンサードリンク

気温が高くなるこれからの時期、
余ったおかずを保存したり、

料理を作り置きしたりする際には、
食中毒に気をつけたいですよね。

そこで今回は、家庭で食中毒を防止する
3つ方法をお伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

家庭で食中毒を防止する3つの方法 冷蔵庫のいれ方

食中毒を引き起こす菌は、
カンピロバターやサルモネラ菌など
様々ありますが、

温度が15~40度で増えるものが多く、
特に30度を超えると活動が盛んになります。

ただ、夏場はもちろん、
冬場でも室温を20度以上に
保っている家も多いでしょう。

年間を通じで注意が欠かせません。
温かい料理を室内で放置すると、

冷める家庭でこの温度帯を
ゆっくり通過することになります。

こうなると、菌が繁殖しやすくなるので、
室温で長時間放置しないように
することが大切です。

●冷蔵庫のいれ方
お伝えしたように料理を保存する際には、
短時間で冷やすことがポイントになります。

カレーや煮物の鍋は氷水を張ったボウルに漬け、
中身をかき混ぜるとすぐに温度が下がります。

また、保存容器に小分けにする方法でも、
比較的に早く冷ますことが可能です。

汁気の少ない炒め物などは、
大きめの皿に広げると、
熱が逃げやすくなります。

出来たての料理は粗熱がとれてから、
冷蔵庫や冷凍庫に入れるようにします。

熱い状態で冷蔵庫に入れると、
庫内の温度が上がり、

周りの食品が傷んでしまいかねないので
可能な限り避けてください。

着たくが遅い家族のために
取り分けておく場合も、冷ました上で
冷蔵庫に入れておくようにしましょう。

家庭で食中毒を防止する3つの方法 自然解凍は避ける

●自然解凍は避ける
冷凍した料理を食べる際の解凍法も注意し、
室温で戻す自然解凍は避けてください。

なぜなら常温では、解凍する間に
菌が繁殖する恐れがあるからです。

多少時間がかかっても、
冷蔵庫に移して解凍しましょう。

時間がない時は、凍ったまま
鍋や電子レンジで加熱し、
一気に温めるようにしてください。

また、冷蔵庫の中に大量の食材を詰め込むと、
冷気の吹き出し口をふさいで、

庫内の温度が十分に下がらない
恐れがあるので避けましょう。

食材の水分が多い場合も、
菌が繁殖しやすいため、

傷みにくくするには、
しっかりと火を通して
できるだけ水分をとばしてください。

焼く、揚げる、炒めるといった料理法に加え、
炒めてから煮る「炒り煮」も効果的です。

ほかには、塩や砂糖を加えると
食品中の水分が減り、
傷みにくくなるので、

日持ちさせたい場合には、
味付けを濃いめにすると良いでしょう。

保存した料理の臭いで食べられるかを
判断する人もいますが、
臭いだけで判断するのは禁物です。

食べ物が臭うのは腐敗している場合であって、
食中毒を引き起こす菌は繁殖しても臭わない
ということを覚えておいてください。

家庭で食中毒を防止する3つの方法 保存容器も清潔に

●保存容器も清潔に
調理や保存に気を配っていても
保存容器に菌が付着していれば意味がありません。

手軽かつ有効ななのが、
熱湯消毒です。

使用前の容器はきちんと洗った上で、
ヤカンなどで熱湯を回しかけましょう。

消毒後は清潔な布巾で拭き取るか、
自然乾燥させてください。

保存容器にパッキンなどがついている場合は
外してから熱湯消毒をしましょう。

冷蔵庫や冷凍庫の中も、
アルコールを含ませた布で拭くなどして
定期的に除菌してください。

もちろん、調理の前や途中で
トイレ行った後や、生の肉や魚に触った後には、

必ず石鹸で手洗いすることも
習慣づけてくださいね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

気温が高くなる梅雨や夏でも少しの工夫
食中毒を引き起こす菌を遠ざけられますので、
普段から意識するようにしてくださいね。

関連記事:餅の食中毒はノロウイルスが原因?予防法やカビの場合についても紹介


スポンサードリンク

-健康, 生活
-,