生活

コロナ禍の学校再開、子供のケアやストレスをどう軽減する?

スポンサードリンク

新型コロナウイルスの影響で
分散登校などが続いていた小中学校でも、
授業が本格的に再開しつつあります。

学習の負担が増えたり、
友達との触れ合いが制限されたりと、

子どもたちは例年とは違う学校生活を送って
ストレスを抱えやすくなっています。

そこで今回は、コロナ禍の学校再開で
子供のケアやストレスをどう軽減すれば
よいのかについてお伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

コロナ禍の学校再開、子供のケアやストレスをどう軽減する?

「仲良くなりたい子に
 どう話しかけたらいいかわからない...」など、

お子さんが学校での友人関係についての
悩みを抱えいないでしょうか?

今年は、新型コロナの感染症対策で、
友達と集まっておしゃべりができなかったり、

机を前方に向けたまま黙々と
給食を食べたりしています。

遠足や運動会などの学校行事が
中止になったケースもあります。

さらに、長期間休校の影響で、
土曜に授業があったり、

夏休みが短縮されたりと、
学習面の負担も大きく、
エアコンが未整備の学校もあります。

子供たちは例年と違う
新学期を過ごしていますが、

親は勉強の遅れに関心が向きがちです。

そのため、人間関係を作るのが
苦手な子には、特に大変な時期だと
理解してあげてください。

休校や分散登校で
生活リズムが崩れてします、

学校再開後も、朝起きられなくなったり、
集中力が低下したりするケースもあります。

特に、小学校5年~中学1年くらいは、
自律神経のバランスを崩しやすい傾向があります。

例年と違う生活を送る子供を
どう支えたらよいのでしょうか?

まずは睡眠、食事などの
基本的な生活リズムを整えるとともに、

家族内で前向きな声がけをお勧めします。

「今日は早起きできたね」などと、
子供ができるようになったことを認めて
褒めるなとするとよいでしょう。

その上で、ストレスを抱えていないか
注意深く見守ってください。

子供のストレスは、頭やお腹が痛い、
眠れないなどの「体の症状」や、

落ち着きがない、食欲が増えたり
逆に減ったりする、

普段よりよくしゃべるなどの
「行動の変化」として出てきます。

こうした症状が出たり、
学校に行きたがらなかったりしたときは、
無理をさせてはいけません。

思い悩んでいるようであれば話を聞いたり、
思春期で直接話すのが難しい時は、

無料通信アプリ「LINE」で
やりとりをするなど、
気持ちを打ち明けやすいように工夫します。

親に話しにくい場合は、
スクールカウンセラーや養護教諭などに
話してみるようすすめてみてもよいですね。

●子供の様子を見守るポイント
・子どもたちは新しいクラスや学校に慣れるのに
 大変な時期だとの理解する
・頭やお腹が痛いなどの「体の症状」や、
 落ち着きがない、よく喋るなどの
「行動の変化」に注意する
・学校に行きたがらない場合はむりさせず、話を聞く

まとめ

いかがだったでしょうか?

子供が新しい環境に順応していく過程は
個人差が大きいので、

無理をさせず、
まずは子供に寄り添う姿を示して、
見守ってあげてくださいね

関連記事:新型コロナの緊急事態解除後に子供の外出で注意することは
     新型コロナの感染リスクを防ぎながら子供の通院や入院にどう対応する?



-生活
-