生活

年度末の転校を子供にどう伝える、その言い方や方法は?

スポンサードリンク

親の転勤や引っ越しのために、
年度末にむ転向することになった
子供もいるでしょう。

「どんな学校だろ?」
「友だちができるかな?」と、

転校が決まった子供は
不安になりやすい傾向にあり、
不安に共感してあげることが大切です。

そこで今回は、年度末の転校を子供に
どう伝えればよいのか、

その言い方や方法について
お伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

年度末の転校を子供にどう伝える、その言い方や 方法は?

転向することを、子供には
どのように伝えればいいのでしょうか?

転校が決まったらなるべく早めに
伝えることが望ましいので、

友だちや先生とお別れする時間を
しっかり作ってあげましょう。

転校の必要性や理由をわかりやすく
伝えることが大切です。

会社の都合で急に決まった転校の場合、
「転勤先でお父さんが必要とされていので、
新しい場所で家族一緒にがんばろう」と
伝えるようにしましょう。

介護のために引っ越す場合は
「おじいちゃんやおばあちゃんの家の近くに住めば、
 みんなが安心して暮らせるよ」と
伝えるようにします。

これから家族が
どうなるかという見通しを持てたり、

転校に納得したりできれば
気持ちの折り合いをつけやすくなります。

また、転校は大きなストレスなので、
子供が不安や不満を
口にするのは自然なことです。

その時には
「よく話してくれたね」
「心配になっちゃうよね」

共感してあげましょう。

友だちと分かれることを
悲しがる子供には

電話や手紙でつながっていられることを
教えてあげてましょう。

他にも、なるべく早く転校先で
人間関係を作っておくことも大切です。

始業式の前にはー親子で
学校にあいさつにいっておきましょう。

担任が決まっていなくても、
校長でも教諭でも、

話したことがある先生が一人でも
学校にいると子供は安心して登校できるためです。

引っ越し先の近所にあいさつをする際に、
同学年の子供がいる家を教わって、

親子で訪ねて「学校が始まったらよろしく」と
挨拶をしておくという方法もあります。

学校で困った時に話しかけることができる
顔見知りが一人でもいると思えるだけで、
子供は安心できます。

学校が始まると、
親を心配させないように、

不安を顔に出さずに我慢したり、
無理して明るく振る舞ったりする子供もいます。

「学校はどう?」などと質問攻めにせず、
親とのんびりテレビを見たり、
近所を散歩したりするなど、

心に余裕がある時に子供が
悩みごとを打ち明けやすく環境や

話したいと思うタイミングで
話せるような時間を作ってください。

   
●転校の際に親が気をつけたいこと
・転向することを早めに伝える。
 「心配だよね」という共感も大切
・「友だちとは電話や手紙でつながっていられるよ」と安心させる
・春休み中に親子で先生にあいさつしておく
・学校について質問攻めせずに、
 子供から話しやすい環境を作る

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

新しい環境での生活は
親にとってもストレスで、
心にゆとりがなくなりがちです。

そんな時は子供にかける言葉も
きつくなりがちです。

だからこそ、ゆったりとした
親子関係をこころがけてくださいね。

関連記事:夏休み明けに子供が学校に行きたくないと言った場合はどうする?
     コロナ禍の学校再開、子供のケアやストレスをどう軽減する?



-生活
-