健康

顔にできたしみ、そばかすを消すには男の場合どうすればいい?

スポンサードリンク

暑さや日差しが一段落した時期に
目につくのが顔にできたしみやそばかすですよね。

最近では男性でも
スキンケアに対する意識も高くなりましたが、

できてしまったしみやそばかすを消すには
なにをすればよいのでしょうか?

そこで今回は男性が顔にできた
しみやそばかすを消すにはどうすればよいのか?

そして、原因と予防方法についてお伝えしてまいります。

スポンサードリンク
  

顔のしみやそばかすを消す場合、男はどうする?

顔にしみとそばかすを見つけた場合に
どうすれば消せるのかというと、

まずはビタミンCの摂取が大事です。

よく、ビタミンCが大事だと耳にすると思いますが
一体何がよいのでしょう?

ビタミンCはメラニンの生成を抑える効果があり、
紫外線による肌への影響を軽減してくれます。

また、ビタミンCにはコラーゲンの合成を
促す効果もあり、お肌へハリを与えてくれます。

ですが、ビタミンCは成分自体が非常にもろく
壊れやすく不安定なため、

なかなか効果が発揮できる状態で
摂取しにくいという欠点があります。

この欠点を人工的に改良し、
安定化させたのが「ビタミンC誘導体」です。

例えば、通常のビタミンCは
皮膚にそのまま塗ったとしても

成分が非常にもろく壊れてしまうため
皮膚への浸透はほとんど見込めませんでしたが、

ビタミンC誘導体の場合は
皮膚への浸透力を高めるだけではなく、

ビタミンCを「誘導体化」させているため
皮膚に浸透してからビタミンCに変化するという
特徴を持っているのです。

しかも、ビタミンC誘導体には
メラニンを還元して
色素の沈着を防ぐだけではなく、

抗酸化作用や新陳代謝を促す作用、
肌をなめらかにする作用などもあり

さまざまな肌のケアや
トラブルに効果が期待できるのです。

ただ、ビタミンC誘導体は
皮脂の分泌をコントロールする作用もあるため、

もともと乾燥肌の方の場合には、

さらに皮脂の量が減って敏感肌を加速させる

こともあるので
お求めになる場合には、

ビタミンC誘導体以外の成分も確認して
自分の肌にあった最適なものを
選ぶようにしてください。

よく分からない場合には
薬局の薬剤師さんに相談するか、
皮膚科の医師の診断を受けられるのが良いでしょう。

顔のしみやそばかすの原因と予防で男はなにをすればいい?

ではなぜ、このようなしみや
そばかすができるのかというと
様々な原因や種類があって、

多くの男性にみられるのが

「老人性色素班 ろうじんせいしきそはん(日光性色素斑)」です。

これは加齢や紫外線が原因でできる茶色いしみで、
いわゆる しみと聞いてイメージするものが
これに当たります。

年齢を重ねるごとにその発生率も高まり、
50歳以上の実に8割の方に見られると言われています。

この老人性色素班がさらに進行すると

「脂漏性角化症 しろうせいかくかしょう(老人性いぼ)」

なると言われていて、
加齢や紫外線が原因で角質の細胞が増殖して
イボのように盛り上がったものです。

他にも、「雀卵斑 じゃくらんはん」という
一般的にそばかすと呼ばれているものや

「炎症性色素沈着 えんしょうせいしきそちんちゃく」

という、ニキビの跡や外傷、
アトピー性皮膚炎などによって
色素が沈着して起こるものなどがあります。

では、このようなしみやそばかすを予防するには
なにをすればよいのでしょうか?

30歳を越えた男性のしみの原因の8割は
紫外線が原因と言われていて、

紫外線を浴びることにより
メラニン色素が生成された結果
それが肌に残ってしみとなってしまうのです。

本来であればメラニン色素の働きによって
肌へのダメージを減らしてくれるのですが、

必要以上に紫外線を浴びすぎたり、
ビタミンの摂取を上手く行っていないために
しみができやすくなったり、
消えにくくなってしまうのです。

ですので予防策としては、
一にも二にもまずは紫外線対策を行うことです。

日焼け止めはもちろん、目に紫外線を受けると
その影響が肌も出るのでサングラスや

UVカットのほどこされた眼鏡や
コンタクトを着用
すると良いでしょう。

もちろん、ビタミンCの積極的な摂取も必要です。

ビタミンCというとレモンが思い浮かべますが、
実はレモンより赤ピーマンや黄ピーマン、
アセロラなどのほうがたくさん含まれています。

ですので、それらを日頃から意識的に摂取して
しみやそばかすを防ぐようにしましょう。

まとめ

男性でましてや加齢によってしみやそばかすができていると
なんだかそれをケアしたり予防したりするのを
恥ずかしくてしまうかもしれませんが、

紫外線による影響はしみやそばかすなどの
肌への影響だけではないので、
男だからとあきらめてしまわずに
しっかりとその対策に取り組んでくださいね。

関連記事:日焼けで目のメラニン色素が茶色くなる?紫外線をコンタクトで防ぐには?

スポンサードリンク

-健康
-,