家事 生活

床や壁、室内の傷のはどう修理する?

不意にできてしまった
フローリングのひっかき傷や
壁紙のめくれなどは気になるものですよね。

そこで今回は、床や壁紙のめくれや、
できてしまった小さな穴を身近なもので

簡単に修理する方法について
お伝えしてまいります。

  

床や室内の傷の修理はどう直す?

●めくれには接着剤
フローリングは一般に、
基礎になる合板に、

細長い化粧板が貼り合わされています。

そのため多いのが、
経年劣化などで

化粧板の角が小さく
めくれ上がってしまう傷です

間もないうちは、
接着剤で簡単に修復できます。

板が欠けてなくなると
補修が難しく、すぐに直すことが大切です。

用意するのは接着剤とカッター、
文鎮のような重しです。

めくれた化粧板と合板の間に
カッターの刃を指し入れ、
ごく軽く待ちあげます。

できた隙間に接着剤を入れて、
めくれた部分を戻して、
重しで押さえつけます。

重しを置くのは、
しっかり接着させるだけなく、

きちんと平らにするため、
傷より大きいサイズを用意しましょう。

なぞって周囲と同じくらい
平らになっていれば問題はありません。

フローリングのほか、
壁の床に接する部分に貼られている

木製の「はばき」なども、
簡単なめくれや隙間は同じ方法が使えます。

 

●補修材で隠す
椅子を引いた時などに傷ができた場合、
ごく小さな引っかき傷ぐらいなら、

市販のクレヨンタイプの補修材が有効です。

様々な色があり、傷の部分に塗って使います。

傷をなくすのではなく、あくまでも目立たなくするのが目的です。

大事なのは色合わせで、
木目模様の具合などもあるので、
傷の位置をよく見て、
一番近い色の補修材を探しましょう。
 

 

椅子を引く動作さは頻繁に行われるので、
傷もできてしまいがちです。

椅子の脚に傷を防ぐグッズを
貼るなどして予防しましょう。

フェルトタイプのほか、
靴下のように脚にはかせるものなどもあります。
 

 

貼っていても、床に接する部分に砂や木くずなど、
摩擦で床を傷つけるようなゴミが
ついていないかチェックします。

マットを敷いている場合も、
床とマットの間を確認しましょう。

●欠損は業者へ依頼
物を落としてできた
くぼみや深いひっかき傷は、

へこんだ部分を埋める作業が必要になります。

ささくれだった部分をやすりなどで除き、
樹脂製のバテを熱で溶かして付けて埋めます。

ただ、初心者には
難しいかもしれませんので、

自信がなければ業者に
頼むことも検討しましょう。

フローリングは、
床暖房の装置があったり、

特殊なコーティングが
施されていたりして、

使える補修材が
限られていることもあります。

ワックスがけをしていれば、
傷の予防にもなりますが、

それも仕様によりけりですので、
入居時の死霊などでチェックしておきましょう。

スポンサードリンク

壁や室内の傷の修理はどう直す?

●壁紙のめくれを接着
物を引っかけして、
壁紙が小さくめくれてしまうことがあります。

広がる前に、接着剤で
貼って戻しましょう。

工作に使う木工用の接着剤が、
適度に強力で初心者にも
扱いやすく、お薦めです。

実は作業は簡単で、
めくれた部分の裏面に接着剤を付けて、

上からジュースなどが入った
缶を転がします。

壁と壁紙の間に空気が入ったり、
壁紙がよれたりしないようにするためです。

缶は壁に押し当て、
めくれた部分を元に戻すように転がします。

反対方向に転がすと、
めくれを広げてしまいかねませんので
注意しましょう。

数回、転がしたら、
接着したか確認します。

壁紙の継ぎ目などは破れやすく、
隙間ができないように
意識して補修しましょう。

●小さな穴は補修剤
画鋲を抜いた跡など、
小さな穴は気になるものです。

隠したい時は、ホームセンターなどで
売られている専用の補修剤が便利です。

壁紙の色に近いものを
穴に埋めるように付けて、
目立たなくします。

ネジを刺した跡などは、
補修剤だけでなかなか埋まりません。

その時のお勧めの方法が
手芸用の綿を詰める方法です。

補修剤に加えて、
綿、瞬間接着剤、爪楊枝を用意します。

最初に爪楊枝を使って、
綿をすこじずつ穴に詰めます。

ギュッと感じるくらいまで、
押入れていき、表面近くまで埋まったら、

綿を固めるために瞬間接着剤を
少しずつ入れます。

固まったら、補修剤で表面仕上げます。

同じ位置に再びくぎや
画鋲を打つのは避けてください。

あくまで穴を隠すもので、
強度が元に戻るわけでは
ありませんので注意してください。
 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

壁穴埋め補修剤M−500W 500G 白 日本ミラコン産業 TN1101
価格:456円(税込、送料別) (2020/2/19時点)

 

●落書きを消す場合
鉛筆やボールペンの落書きは、
プラスチック消しゴムで

薄くできる場合がありますので、
気づいた時点で試してみましょう。

消しゴムの角の部分を当て、
押しつけるように小さく動かします。

水性ペンによる落書きであれば、
食器洗い用などの中性洗剤を

水で薄め、タオルに染み込ませるなどして
拭いてみましょう。

ただ、壁紙は強く何度もこすると
破れてしまうこともありますので
慎重に作業しましょう。

消せない時は、ポスターや
シールタイプの壁紙などで隠すのがてっとり早く、

子供が小さいうちは、
よく触る範囲に貼っておくなどして、
予防しておく方法もあります。

まとめ

いかがだったでしょうか?
一見すると、床や壁の傷や
めくれなんかを直すのは大変そうですが、

お伝えしたようにちゃんと
手順を踏まえれば、

思っていたよりも簡単に
元に戻すことができますので、
ぜひ試してみてくださいね。

関連記事:レインコートの破れを補修するには?シートやテープ、補修材はなに?
     登山テントの寿命や耐久性は?保管場所は物置でいい?袋や乾燥剤は?



-家事, 生活
-,