生活

コロナ禍の孤立感や孤独への対策は?

スポンサードリンク

新型コロナウイルスの影響で、
離れて暮らす家族や友人と
顔を合わせる機会が減り、

孤立感や孤独を
募らせる人が増えています。

そこで今回は、コロナ禍の孤立感や
孤独への対策について
お伝えしてまいります。
 

スポンサードリンク
  

コロナ禍の孤立感や孤独への対策は?

感染防止のために仕方のない面はありますが、
社会や地域とつながりが減ったことで
孤立感を抱いたりする人は増えています。

東京都健康長寿医療センター研究所が行った
約3万人を対象とした
インターネット調査(2020年8~9月)によると、

家族や友人との対面や通話などによる
交流機会が「週1回未満」だった人の割合は、

コロナの本格流行前(2020年1月)の
21.2%から27.9%に増えました。

孤立感を深めやすい立場の人には、
独居の高齢者、ひとり親、

妊娠・出産期の女性などが
多いと言われています。

孤立の危険を表すデータとして、
社会的なつながりが弱いことは、

「たばこを1日に15本吸うのと同じほど、
健康に悪い」とする英国の研究があります。

日本では、2020年の自殺者は2万1081人と、
11年ぶりの増加に転じ、

孤立との関連が指摘されるようになりました。

2021年の速報値では
前年比251人減少しましたが、
孤独・孤立の担当大臣を置くなど、
長期的の取り組みも始まっています。

コロナ以前から少子高齢化や核家族化、
労働市場の規制緩和といった
社会構造の変化が進んでおり、

その中で、独居高齢者の孤独死、
非正規で働くシングルマザの生活困窮など、
孤独・孤立は深まっていきました。

コロナ禍は、すでにあった問題を、
私達に改めて突きつけられたとも言えます。

スポンサードリンク

では、解決や対策はどうすればよいのでしょうか?

まずは望まない孤立に対する
支援環境を整えることが大切です。

信頼できる人への相談が
解決につながる可能性があります。

既に電話やSNSによる相談や、
24時間対応のサービスもあり、

必要なときに相談できる
環境整備が進みつつあります。

●コロナ禍での孤独・孤立の問題の深刻化
・家族や友人らとの対面ヤ通話での交流が「週1回未満」
コロナ前   コロナ流行語
21.2%   27.9%
(東京都健康長寿医療センター研究所調べ)

・孤独・孤立のリスクが高いとされているのは?
不登校の児童生徒
独居高齢者
シングルマザー
DV被害者
妊産婦

・抱え込まずに相談を
仕事や住居など、個別の問題に
詳しい地域の行政や民間団体

#いのちSOS
自殺防止の緊急電話窓口
0120-061-338

まとめ

いかがだったでしょうか?

住居や仕事を探すのに困っている人を
積極的に見つけ出して、

手を差し伸べる
「アウトリーチ型」の支援活動を
展開する民間団体もありますが、

行政がもっと積極的に
支援する必要がありますね。

関連記事:コロナ禍での子供のストレスの対処法は?
     更年期におすすめのアプリやサービスは?



-生活
-